昨日と同じことを今日もしている代表に? 

 机の中の資料を整理していたら、いつ誰にもらったのか忘れたが、こんなメモが出てきた。

『 昨日と同じ仕事を今日もしているきみへ 昭和33年2月 作者不明

うちの子どもがこういうことをいったんだよ。
「お父さんはね、会社の社長になって、偉いかもしれないけど、お父さんの若かった時代は野蛮人の時代だったから、考えることがたくさんあってよかった」と。
そして「俺なんかお父さんにみんなやられちゃったから、考える余地がないしお父さんみたいになれないよ」。そういうことをいうんだ。
ところが、それは大きな間違いなんだ。俺だって子供のころに親父に向かってやっぱり同じことをいったよ。
しかし人間はどんどん進化するんだから、これでいいなんてことはありえないよ。
そういう感じをもっているときが一番怖いんだって思うよ。やる仕事はいくらでもあるんだ。ただ自分が気がつかないだけ。
たしかに前は、なんでも整備せにゃならんかったから、整備する仕事は余計にあったんだが、これからは整備する仕事じゃなくて、それを発見するための仕事がなきゃいけないんだ。これ以上ないということは足踏みしていることなんだね。世の中は進んでいるんだから、それは足踏みでなくて後退だよ。俺が一番恐れているのはそれなんだ。考えても考えても足らんというのが、人間の常識でなくちゃならんのにね。
人間というものは死ぬまで用事があるもんだよ。年寄りは年寄りなりの考えを出すものなんだよ。俺なんかやりっぱなしでさ、ホトトギスのようなもんかしらんけどな。卵を産みっぱなしでほうぼう飛んで廻っているから。そいつをまあみんなが整理してくれたわけだが。
結局は育てたものも、産んでしまったホトトギスも死んでいくんだからな。今後はきみたちがホトトギスにならんきゃならんのだ。新しい時代がきて、新陳代謝してゆくんだからな。
だから、仕事だって一つ終わってもまた次に増えているはずなんだ。みんな仕事は手に一杯もっているはずなんだな。どんな場合でも。もたない人が多かったときには会社はつぶれるっていうこと。手にいっぱい仕事をもって頭を悩ましている人間がいる会社は安泰だよ。だいじょうぶだ。
ただ会社に仕事がないんじゃなくて、その人が仕事を考えないんだよ。それがぼくは恐いんだ。死ぬまで抜けきらんから。気の毒に。
どんなものでも固定化してしまったときがいちばん恐いと思うね、りっぱな会社になった。これでいいというときがね。そのときにはみんなの知恵が止まってしまうことだから。
昔の百年はいまの一年くらいだな。猛烈に早くなってきてますよ。だからいままでより以上にみんなの頭を使ってくれなきゃダメってことだね。』

これが昭和33年に書かれたものだというのにちっとも古くない。現在でも立派に通用するし、今の代表の事を言われてるみたいな気がした。

昔は良かった?

 ゴルフ道具や音楽だけでなく、バイクも昔のモデルの方が良かったということだろうか。最近は古いモデルを専門に扱う雑誌まで出てきた。モトレジェンド誌もその中の一冊。隔月発行だが、今月号は1988年式のNSR250Rを特集している。

17042701.jpg

 もう30年も前のバイクの話だよ。けれども、事実として、このモデルを超えるバイクは出てきていない。人類は30年前をピークに退行しているんじゃないだろうか。

 モトレジェンド誌をぺらぺらめくってみると、どこかで会ったことがあるような人たちが開発メンバーとして紹介されていた。

17042702.jpg

 1980年代以降、新しいものを創造できなかったこの人たちにも、こんなつまらない時代にしてしまった責任があるということだろう。すべての責任は代表たちの世代にある?


ホンマ?

 ホンマ。代表のゴルフ道具は全部本間。本間はホンマにいいよ。20年以上前のモデルだけどね。

17042601.jpg

 最近自分のことが心配になるんだが、代表の持ち物はほとんどこの当時のものばっかりで新しいものがない。クルマもバイクも本も音楽も何もかも、新しいものにまったく魅力を感じられないんだよ。

 例えばこのホンマのゴルフクラブにしたって、次から次に新製品が出てくるんだが、代表の持っているモデルよりもフィーリングがいい商品がひとつもない。ひとつも。打ちやすくはなる。けれども打感の気持ち良さとか、手に感じる振動のみでボールの行方がわかるくらいの繊細さとか。そういうものがない。簡単さと引き換えに気難しさを犠牲にしている。

 そういったことが世の流れというか、すべての道具や情報がそういう方向に行ってしまって、難しさも無いが使いこなしたときの喜びもない薄っぺらな物で溢れてしまった。また、そのことによって人間の機能も衰え、創造性のレベルも全体的に落ちてしまった気がする。

 好奇心をくすぐられるようなものが見当たらない。代表が年を取ったということか。もう新しいものについていけないという話か。あーつまらないつまらない。面白いのは畑だけだ。

春の畑 その2

 代表の頭の中には、作物を立派に育てるにはどうしたらいいのか?そのことしかない。畑に居るだけで楽しくてしょうがない。

 2年目のアスパラガス。

17042501.jpg

 期待以上の成長ぶりだ。来春は美味しい茹でアスパラが食べられるだろう。
[ 続きを読む » ]

春の畑

 畑は楽しい。特に春の畑は。

 プルーンの木を住処にした蜘蛛。

17042401.jpg

 餌になる虫が多いからだろう。
[ 続きを読む » ]

本日の昼飯

 休みの日は畑にいる。朝食前の6時頃から8時くらいまで作業をして、コーヒーショップへ行って朝食を食べ、また畑に行く。昼飯は畑か近所の大学のグランドかどちらかだが、グランドで野球の練習を観ながらというパターンが多い。畑で食べると土埃でご飯がジャリジャリになる。

 今日はうまいラーメンが食べたくなり、鶴ヶ島駅裏のとんちぼにした。

17042201.jpg

 行列に30分並んで席についてから10分待ち。つけ麺800円也。

17042202.jpg

 やっぱりとんちぼのラーメンはうまい。しかし、ここに来ると必ず東日本大震災を思い出してしまう。震災の次の日の日曜の昼飯がここだったからだ。あのとき、池袋方面からの電車が到着するたびに疲れ切った足取りの人たちがゾロゾロと降りてくるのを眺めながら、代表もまだ親父と連絡がつかない不安の中にいた。すると電車から降りてきた一人のおっさんが列の一番前に割り込んだ。ショックと疲労と空腹とで放心しているみたいだった。あの日はみんなそんな感じだったが、まだ原発のトラブルについてはニュースになっていなかった。まあそれからいろいろあった。ここに来るたびに条件反射で思い出す。
[ 続きを読む » ]

畑の状況

 仕事以外の時間のほとんどを畑仕事に費やしているだけあって、今年はほぼ計画通り。種蒔きから発芽まで順調。

 代表の約100坪の畑には、果樹がブルーベリー4本巨峰が2本プルーンが1本植えてある。野菜は昨年植えたネギ、ワケギ、ラッキョウ、ミョウガ、アスパラガス、ノラボウ菜、ニンニク、シソ、ニラがあり、この春種蒔きしたホウレンソウ、小松菜、レタス、ビタミン菜、チンゲン菜、セロリ、キャベツ、オクラ、メロン、スイカ、キュウリ、トウガラシ、オカヒジキ、赤ネギ、ジャガイモが芽を出している。苗を買って植えたナス、キュウリ、シシトウ、ピーマンは無事に活着してすくすく育っている。サツマイモ、里芋、トウモロコシはまだ芽が出ていないが、地面にひび割れができているのでもうすぐ出るだろう。順調だ。

 次女が種を蒔いたダイコンも芽が出た。こちらも順調。

17042101.jpg

 そろそろ間引きしないといけないんだが、就活で忙しくてなかなか畑に行くことができない。日曜日に一緒に間引く予定。

運が上向いてきた

 今日は風が強くて、会社の帰り道にちょっと畑に寄ってから帰ったら、駐車場に停めておいた車のカバーが風に飛ばされたらしく無くなっていた。分厚くて重いやつだからそんなに遠くに飛ばされていないだろうと思って近くを探したが見つからなかった。ガッカリして駐車場に戻ると、大家さんが待っていて「車のカバー拾っておいたよ」と言った。近所の塀にひっかかっていたということだった。最近運が悪いことばっかり続いていたが、これをきっかけに上向いてきた気がした。

 今年のサツマイモはから作ろうと思って種芋を植えた。

17041901.jpg

 サツマイモは強いからまず失敗はない。一か月もあれば丈夫な苗ができるだろうと思う。

川内村で その2

 明日につづくと書いておいて一週間も経ってしまった。やることが多くて(泣)。とくにこの年度の切り替わる前後は忙しかった。仕事と畑とその他の用事が集中した。まだ片付いていない。

 さて、つづきです。ここからは広野町。

 鶴田さんに会うのは昨年末に代表作の里芋を届けたとき以来。里芋ってうまいよね。正月の煮物になる前に全部食べてなくなってしまったということだったので、今年は里芋の畝を少し増やした。正月まで食べられるように大きい芋をたくさん作ってまた届けようと思って。

 話がそれたが、今回の作品展とオープニングパーティは、鶴田さんの誕生会も兼ねたということであった。

17041201.jpg
[ 続きを読む » ]

もうちょっと・・・

 いやー、やることが多くてたいへん。もう少しお待ちください。
                                代表