FC2ブログ

川内村から花便り

 昨日は用事で帰宅が遅くなり、ブログを休みました。失礼しました。

 いま川内村では色とりどりの秋の花々が咲いてきれいだ。花の写真といっしょに情報をお伝えします。

【写真:長福寺の前】
12102301.jpg

 かわうちの湯は10月27日(土)臨時休業とのこと。28日(日)の定休日はそのままなので、今週末の代表は風呂なしだ(泣)。
 ひとの駅かわうちの防災設備関係は、浪江町にあった双葉地方防災点検共同組合にお願いしていたのだが、震災以降連絡がつかなかった。今日、苦し紛れに川内村の消防署に問い合わせたら、捜してくれた。事務を担当していたIさんが、避難先のいわき市でアパートを事務所にして事業を再開しようとしていたところだった。

【写真:長網のシイタケ屋さんの土手】
12102302.jpg

 スタッフはちりじりばらばらになっているそうで、ひとの駅の担当だったアベさんは新潟の魚沼郡に避難していた。電話番号を教えてもらって、久し振りに聞いたアベさんの声。懐かしかった。途中だった非常ベルの修理について切りだすと、「浪江に書類を取りに行ってからになりますが、それでも大丈夫ですか?」と律儀な答えが返ってきた。いつでもいいって。いやいや無事で良かった。

【写真:代表の近所のタケシさん家】
12102303.jpg

 双葉郡美術協会長の鶴田松盛さんから入った情報によると、双葉郡美展が開催されている三春町のギャラリー木楽は、芸術の秋を迎えたこともあって入館者がたいへん多いとのことだ。日曜日には双葉郡美展関係で40名の来場があったそうだ。

【写真:ひとの駅の近くの田んぼの土手】
12102304.jpg

 避難中の会員の皆さんに創作の喜びを思い出していただけたらいいのだが。

【写真:町分の塀】
12102305.jpg

 18日(木)に、代表の甥っ子のアラシ君と、代表の友人ケンジ君の息子さんのショウ君のフォークデュオはっさくのライブが、コミュニティセンターであったらしい。

【写真:長網から都路への道】
12102306.jpg

 グループ名はっさくの由来は、二人が好きな「ゆず」のようになりたいということで、「ぽんかん」や「でこぽん」などの柑橘系果物の中から選んだのだった。たしかふたりが中学生のときだからもう10年近くなる。ギターなんか弾きだしちゃってどんな大人になるのかと心配もしたが、二人とも立派な大人になった。代表もライブが聴きたかった。代表がいるときにまたやってほしい。

【写真:秋元精米所の横】
12102307.jpg

 今日は、S氏のお宅を訪問した。氏は川内村の山荘の持ち主で、代表が勤める会社のOBだ。柏秀樹ライディングスクールで山荘を使わせていただいたのでその報告をした。これで、代表のバイクスクールが終わった。

 S氏との出会いを思い出す。S氏は入社試験の面接官で、入社後は直接S氏の下で5年間働いた。苦しい時に「会社が終わったら仕事は全部忘れろ。」とか「失敗しても命までとられはしない。」なんてひと言に救われたものだ。自由に仕事をさせてくれて、失敗の責任は全部かぶってくれた。あの時代の失敗と人脈が代表の大切な財産になっている。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック