FC2ブログ

放射線量は下がっている?

代表が住んでいる埼玉の川越市周辺の空間放射線量は0.07マイクロシーベルト。
関越自動車道路で南下して大泉インターで外環状線に乗り、三郷インターへ向かう途中の戸田あたりから0.15に増える。常磐自動車道路は0.15から0.25の間を行ったり来たり。最初の頃はトンネルの中の放射線量は低く0.07くらいだったのだが、今は変わらない。微々たるものだが、トンネルの中にも拡散したってことだね。

いわき中央インターで下りて国道399号線を川内村に向かうと、最初の峠で1.5くらいに上がる。

12010701.jpg

一時は4前後だった。ずいぶん下がっている。
そのまま最後の峠まで1.5前後で推移し、下川内に入ると0.6前後。郵便局あたりから下がり始めて上川内は0.25くらい。代表の家もずっと0.25だった。

毎日測っているわけではないので断言はできないのだけれども、冬になって急に下がった感じがする。

コメント

変な奴
原発で働いていた頃は10μSv/h以下は放射線ていう意識がなかったんで、最近の報道や議論でμSv/h単位の放射線が問題になっていることには違和感を感じます。
10μSv/hがちょうど0.01mSv/hに該当するんですが、mSv/h単位で考える世界だったんです。

職業の世界と一般社会を一緒に考えちゃいけないのでしょうが、最近のあまりに過剰な反応に戸惑うところです。

我々が鈍感なんでしょうかね?
もっとも放射線てのはかなりの高線量でも何にも感じませんけどね。
線量計を見て初めてあるってのが分かるおかしなやつです。




まともでは?
原発事故直後の頃は放射能や放射線量のことがよくわかりませんでしたので怖かったです。でもいろいろ調べると、今のレベルだったら、空間放射線量は体を突き抜けてしまうので恐れることもなくて、内部被曝だけ注意すればいいのだとわかりました。わからないことは怖がってしまうという勉強不足はあると思います。
それと、ニュースを作っている人だとか、煽った方が都合が良い人たちがいるんでしょうね。
最近は被災者もそうなってきたのかなと思います。自分で風評を作ってしまっている感じがします。

管理者のみに表示

トラックバック