FC2ブログ

楽しかった川内村体験

5月1日と2日に開催された「柏ライディングスクール・川内村ラウンド&オフ会」に合わせ、参加者の皆さんに、川内村のおいしいものを食べていただき、楽しい体験をしていただいた。好天にも恵まれて、楽しい時は夢のように過ぎたのだった。

KRSシール
オートバイに乗る人は、オートバイに乗っているだけで充分幸せなのである。
オートバイと一体になって、風を切って走行する快感は、他の乗り物では味わえない。さらに、オートバイを傾けてコーナーを曲がるときに感じる、頭から足先へ抜ける縦方向のG(重力)と、コントロールを誤れば転んでしまう緊張感とが、全身の神経を刺激しながらエンドルフィンの分泌を促して、自己陶酔の世界へと導く。この味をしめた人間は、スピードを追及したり、オートバイ中心の生活になってしまったりして、結果、人生を誤ることも多い。冗談ではなく、代表の周りにも、オートバイを楽しみたいがために結婚しなかったり、あるいは、オートバイがきっかけで知り合い結婚もしながら、オートバイが原因で離婚した人たちが、少なからず存在する。今回の参加者にも同じニオイの人が・・・いや、そこは深く詮索するのはやめようね(笑)。

KRS教室風景

柏さんのライディングスクールは、オートバイを安全に楽しむための理論と技術と、健全に楽しむためのルールとマナーを学ぶ場である。スクールの詳しい内容は、ノウハウなのでここでお伝えすることはできないが、ひとつだけヒントを教えるとしたら、ゆっくりスムーズにバイクを操れるひとはウマイ、ということだね。

学校のグランドをお借りしたので、タイヤの跡はきちんとトンボで均すこともスクールで学ぶマナーのひとつ。

KRS校庭均し

基本を繰り返し練習して、忘れないうちに、実際に公道や林道へ移動して実践する。

林道練習

受講生のみなさんは、お互いにアドバイスし合って、見ている間に上達し自信をつけて、スムーズなライディングを身につけていく。これは良く考えられた、ツボを押さえたスクールで、すごく効果的だ。パリダカールラリーを始め、数多のレース経験がある柏さんだからこそできるスクールだ、と代表は感心した。

スクールには「別荘体験」と「蕎麦打ち体験」を組み入れていただいた。
別荘体験は、自分たちが別荘のオーナーになったつもりで、掃除から後片付けまでを含めて体験しながら宿泊する、という企画。

別荘体験

今回別荘体験してもらったのはS氏の山荘。山の中腹、標高700メートルにあるために、まだ寒かった。けど、満天の星空は最高だった!

蕎麦打ち体験は、地元産の蕎麦粉を使って蕎麦を打って食べる、という企画。講師は、蕎麦打ち名人予備軍の川内村役場総務課長さんと、係長さん二人。

井出名人蕎麦打ち説明

代表も初めて体験したが、一言で蕎麦打ちというけれど、細いとか太いとか、硬いとか柔らかいとか、評論家よろしく自説をたれたりしたけれど、もう言わない(笑)。難しいです。

蕎麦打ち

でも、打ちたてのウマイ蕎麦で満腹になった。

蕎麦で満腹

他にも、「川魚の宮坂」で岩魚の刺身に舌鼓を打ち、猪汁や百貨蜜をご馳走になったり、「山の幸直売所」や「Cafe Danony(ダノニー)」自慢の味を確かめたり・・・。

 【「川魚の宮坂」で夕食】
宮坂で満腹

スクールのみなさんには、川内村をたっぷり味わっていただきました。
また機会があれば、ひとの駅で会いましょう!

KRSひとの駅記念撮影

コメント

お世話になりました。
八木澤様
3日間、お世話になりました。
お蔭様で心身ともに充実した楽しい時間を過ごすことができました。
ありがとうございました。
また行きます!
そしていつかは川内村に住みたいな!!


お世話になりましたⅡ
2日目からの参加でしたが、「代表日記」読んでから伺えば良かったです~

山の幸直売所の「キムチとだいふく」お土産に買いたかった(笑)

名前しか知らなかった「川内村」に、また遊びに行きます♪




管理者のみに表示

トラックバック