FC2ブログ

川内小学校の遠足

きょうは、川内小学校の5年生と6年生が、遠足でひとの駅かわうちにやってきた。児童の代表から、可愛らしいご挨拶をいただき、代表も挨拶させてもらったが、児童代表に完敗した気がする。

やっぱり、学校に子どもたちがいると明るくていいね。

遠足1

児童代表が、玄関に展示してあった、昭和58年度卒業のお父さんたちの卒業作品を見つけた。

遠足2

その眼差しから、お父さんが好きなんだなー、と、そういう気持ちが代表にも伝わってくる。
「昭和58年っていったら、先生が小学校に入学した年だよ!」と、担任の先生がおっしゃった。児童とお父さんと先生が、ひとつの時間軸と不思議なめぐり合わせでつながっている。

こんな素敵な出会いの瞬間に、学校を残せてよかったと、改めて思うのだった。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック