FC2ブログ

「比較的安価な放射線測定器の性能」レポートについて

独立行政法人国民生活センターが、安価とされる5万円前後の放射線量測定器9モデルの性能テストを実施して結果を公表した。興味のある方はレポートを読んでみてください。

11092501.jpg

9月11日のTVの討論番組で自民党幹事長石原伸晃が「国民に放射線量を計らせない方がいい」と言ったのは、このレポートを受けてのことだったんだね。
レポートによると、代表が使っているDoseRAE2という測定器は不良品レベルだそうだ。ガックシだ(笑)。選んだときにいろいろ調べて、中国製品の中ではまだまともな方だと判断したんだけどね~。今でもその考えはかわらないけど(^_^;)。

11092502.jpg

それにしても、ずいぶん乱暴なレポートだ。測定器によってコンセプトも値段も測定バラツキも違うのに、488,000円のサーベイメーターと比較して、安価な測定器をひとくくりにして「精度が悪くて使えないレベル」と結論づけている。そりゃ~50万円も出せば精度が高い測定器がいくらでも買えるって。なんたって軽トラや250ccクラスのバイクが買える値段なんだから。

それに無責任だ。本来なら国が早く被害者に測定器を配るとか、安く早く供給できるように日本のメーカーに指示すべきだったのに、そういうことはちっともやらないで、中国製品にケチだけつけて終わっている。良い製品を買えと言ったって、無いし高いしじゃ買えないじゃないの!

代表は、信頼できる測定器が無かった(手に入りにくかった)から、藁にもすがる思いで、苦労して苦労して(;_;) しかも、原価がせいぜい数千円のオモチャのような機器と知りつつ、決して少なくない金を払って入手したわけだ。まったく (-_-#)凸だね! レポートの結論は「放射線量測定器の原価は10分の1以下だから売価が高すぎる」&「安価で高性能な放射線測定器を今すぐ日本で開発販売させるべき」とすべきだろうと思う。

しかし、それはそれとして、このレポートのデータそのものは面白い (*´ζ`*)
DoseRAE2はシンチレーション式サーベイメーターとなっている。あれ?たしか半導体式のはずだったんだが・・・、と思って説明書を読み返すと、センサーがシンチレーターなのか半導体なのか記載が曖昧になっている。頼りのネットで検索してみたら(これがまた急に情報が増えていて面白くなってきた)DoseRAE2を分解した写真があった。それを見ると、おお!たしかにシンチレーターがある(゚o゚)

【写真はネット上より拝借】
11092505.jpg

DoseRAE2はシンチレーション式と呼ぶべきだったようだ。また一個賢くなった。
データによると、DoseRAE2の性能は、ばらつきは小さいが線量がかなり低目に出ている(0.115マイクロシーベルトのときの表示値)。

11092504.jpg

そうすると川内村役場の測定器はもっと低く出ていることになるんだが?まあ、どっちでもいい低線量域の話だから気にすることもないけど。「食品、飲料水などのセシウムの汚染検査に用いることはできない」とか「物体の表面の汚染を検知するというのは偽りで、その他、過大表記が多い」とも指摘されている。ごもっとも。けど、代表のニーズは充分満たしているので満足している。

何度も書くけど、早く携帯電話に内蔵してほしい。

なお、川内村では、帰村にあたって一家に一台の放射線量測定器を配ることを検討中とのこと。現在は、川内村役場 災害対策本部(ビッグパレットふくしま内)で放射線量測定器を貸し出してくれるそうです。村民のみなさんあまりご存じないんじゃないだろうか?この放射線量測定器は日本製(HORIBAかな?)のはずだが、使った方はぜひレポートお願いします。代表も借りて使ってみたい。

コメント

放射線量測定器の貸し出し
お早うございます。
天気が良くて気分がいいですね。
ところで放射線量測定器の貸し出しの話題ですが、私が絵画工房として一時立ち入りしたとき借りたのはGM管(サーベイメーター)と積算式個人線量計だけでした。
GM管は線量ではなく汚染密度(放射線物質の密度)を測るものですし、積算式個人線量計は個人が滞在時間中に被爆した線量の合計値を表示するものです。
代表の言われる放射線量測定器とはちょっと違うのではないでしょうか。
おそらく線量計と聞いて空間線量率を測る機械だと勘違いした人の誤報が流れているのだと思います。
しかし実際問題として空間線量率を測るための放射線量当量率測定器は貸し出しをやるべきでしょうね。

それにしても一流のエンジニアの方でさえ放射線の専門用語とか概念を説明して理解して貰うのは難しいと感じます。
菅さんが勘違いするのも無理ないか。
放射線測定器の貸し出しの件」
お早うございます。
秋晴れのいい天気ですねえ。
ところで私が公益法人の立ち入りで帰宅した時に貸してもらったのは、GM管と積算式個人線量計でした。
汚染密度を測る機械と、個人被ばくの合計値を表示する機会ですね。
代表の言われるような空間線量当量率を測る機械の貸し出しもやっているという事でしょうか。

それは当然やるべきことですが、一般に周知されていないような気がします。

どうも原発事故以来のお上の対応の仕方というのは、
全てに泥縄になっていますね。
菅さん以来ですが。
いや~難しい
福島は秋晴れですか?埼玉はどんより曇って雨までぱらついています。
GM菅でも空間線量率と積算と両方備えたのありますよね。信頼性の低い安い製品ですが。
今度役場に行ったときに見てきたいと思います。

管理者のみに表示

トラックバック