FC2ブログ

Tシャツ その2

いろいろ情報をさがしたら、川内村かえるTシャツは川内村観光協会が企画した商品らしいということがわかった。川内村観光協会販売分は限定100枚で、すでに売り切れだそうだ。値段は2500円プラス義捐金(金額は購入する方の気持ち)ということだから、友人が見た3500円というのは、もう義捐金分を上乗せした価格だったということだろうね。

ところで、Tシャツで思い出したが、よく外人さんでおかしな日本語がプリントされたTシャツを着ているのを見かけたことはないですか?代表がこれまでに遭遇したり聞いたりしたもので、可笑しくて手帳にメモったいくつかを紹介します。

11090601.jpg
1.「助平」
2.「便所」
3.「なりのとろとと」
4.「合道気」
5.「水虫」
6.「乾燥中」
7.「弱火」
8.「狂犬」
9.「芋」
10.「鼻汁」

吹き出してしまうでしょ?もう傑作ばかりで。変な日本語Tシャツを着た人が世界中を歩いているわけだね。たとえ日本語の使い方をまちがえていても、それで日本に関心をもってくれるんだったら、やむなしと考えるしかないよね。

11090602.jpg

代表の分析によると、どうも外人さんには日本語が模様のように見えるらしい。平仮名よりは漢字の方がいいみたいだ。漢字の中では、左右対称のものや、それに近い字が好まれるようだ。意味はまったく関係ない。そのツボを押さえさえすればヒットまちがいなし。代表にも外人さんに喜ばれるTシャツがつくれるかもしれない。

でも、こんなのと競争できるかなぁ?

11090603.jpg

無理だワ(笑)

コメント


管理者のみに表示

トラックバック