FC2ブログ

ユーザー車検

代表は一応何でも自分でやってみたいので、車の車検を自分で受けるようになってから10年近くなる。ユーザー車検ってやつだね。今回は、9月で車検が切れる代表の大切なスポーツタイプの車、ホンダS2000の更新をしてきた。

ここが車検を受ける場所、所沢自動車検査登録事務所。浦所街道の所沢寄り、航空公園の近くだ。

11090202.jpg

代表が会社に入ったばかりの若かりし頃に、この近くの農家の倉庫の2階をかりて住んでいたことがあった。遊ぶために生活費を切り詰めていたから、家賃が安いのがありがたかった。トイレは、農作業の途中で使えるように、川内村だったら定番の外便所だったが、あたりまえのことながら大便をするとオツリがきた。オツリがこないようにするには、大便をするまえに新聞紙を広げて落としておくのがノウハウなのだが、うまく落とさないと位置がずれる。友だちが飲みにきてトイレを使うと、よく「ギャー」っていうオツリをもらった叫び声が聞こえたものだった。
池田均さんの家も近くだったから、時々銭湯で一緒になったりしたなぁ。このへんにくるとそんな思い出がよみがえる。

おっとっと。脱線しちゃった。きょうは車検の話だった。
車には整備手帳がついていて、まず車検を受けるためには整備手帳の内容に従ってチェックしたり整備したりしておかないといけない。たとえば「エンジンオイルの量」「バッテリー液のレベル」「ブレーキ液のレベル」「タイミングベルトの遊び」「タイヤの溝の高さ」「ブレーキパッドの厚さ」を確認して、補充や交換が必要なものはやっておくわけだ。でも、自分ではできない項目もあるので、それはテスターという場所へ車を持ち込んで、確認して調整してもらっておく。

ヘッドライトの向きもそのひとつ。

11090201.jpg

向きなんか変わるはずがないと思うんだけどねぇ。2年走るとずれてくるのか、タイヤの微妙な空気圧の差で変わるのか、よくわからないけど、何度も規格から外れて痛い目にあったので、ここだけは必ずテスターで調整してもらうことにしている。
試験場で測るのはハイビームだけ。テープを貼ってロービームを目隠ししているのがわかるかな?調整料は1200円。

建物は3ヶ所で、お金を払ったり書類を買ったりするところと、検査書類を確認して車検証を発行するところと、代書をしてくれるところ。もちろん自分で書類を記入すれば代書はいらない。

代表が支払った金額はしめて56770円。内訳は・・・
①申請書類一式      20円
②検査登録印紙代    400円
③重量税印紙代    1400円
④収入印紙代    30000円
⑤自賠責保険2年分 24950円

ヘッドライトの光軸調整費用を含めても57970円。ずいぶん安く上がるよね。

書類を記入して、確認してもらってミスがなければ今度は車の試験だ。前に見える試験場で確認したりデータを測定する。

11090203.jpg

ここが一番緊張する。検査管の指示や案内板に従って、灯火器を点灯させたりブレーキを踏んだり排気ガスを測定して、書類に記録ていく。途中で不適格なところが出ると、一度出て、修理なり調整をしてからもう一度最初から並んで検査を受け直さなくてはならなくなる。ダメ出しされたらたいへんだから、もうドキドキしっぱなしだ。

しかし代表は、しっかり整備して、洗車もしてキレイにし、検査官が書類をチェックしやすいようにプレートに載せて渡したりもしたから完璧。無事に全項目パス。出口で確認印を押してもらい、2番目の建物へ提出して車検証を受け取って終わりだ。時間的には、朝8時30分に入って10時に車検証をもらうまで約一時間半だった。

みなさんも一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

コメント


管理者のみに表示

トラックバック