FC2ブログ

梅林その後

今年こそは花が咲く前に剪定するぞ!と意気込んでいたハチロー君の梅林
なんだかんだで時間ができたのは三月末。日当たりの良い枝は、もう花が開いていた。今年も出遅れちゃった!

梅一輪
与えられた時間は半日だけ。しかも、三月からハチロー君は転勤で遠くへ赴任してしまった。代表は途方にくれつつ、とにもかくにも、被さり合っている枝を落として、全体に光を入れてあげないと枯死してしまうので、思い切ってこんな風に大枝をバッサバッサと落とした。ほんとうはもっとこじんまり樹形をまとめたいのだけれど、今は無理。それは次の冬にすることにした。

樹の形

やはり木が弱っていて、枝が枯れたり、内部が壊死しかかっていた。切り口の中心あたりの色が濃いところが枯れかかっている部分。

枝落とし

自然のままがいいのか?こうして人間が手入れするのがいいのか?どっちが梅の木にとって幸せなんだろう?木の気持はわからねど、とにかく代表は梅の実がたくさん欲しい。梅の実をたくさんつけるということは、梅の木が子孫を残さなくてはいけないと必死になることだろうから、そういう状態に、つまり、滅びそうな状態に追い込んだ方がいいってことなんだろうね。このまま放っておいても梅林の半分以上は枯れてしまうだろうから、やっぱり切ってあげた方が良いんだろう。と思うことにした。

梅の花

春先に必ず強風が吹いて木々の枝を折るのは、自然の力を借りて木が自ら剪定しているのかも、なんて思ったりもした。
さ!あとは七月末の収穫だね。楽しみだ。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック