FC2ブログ

結婚式

ひとの駅の美術スタッフうーたんの結婚式の日は雨も降らず、それほど暑くもなく。そして、アットホームなとてもいい式だった。

11062701.jpg

午後2時から学問の神様を祀る湯島天満宮での厳かな契りの儀式に、かしこみかしこみ参列させていただいた。ここはやっぱりなにか神的な存在を感じるなぁ。日本は神社が残せてほんとうに良かったと思うよ。
そのあと、目白の椿山荘へ移動して披露宴。喜びあふれる二人を祝福しながら、これこそ日本の誇るサービスというべき最高のおもてなしを受けながら、時の経つのも忘れて楽しく飲み美味しく食べて、披露宴会場を出たときにはもう19時近かった。

11062702.jpg

夏至を4日ばかり過ぎた夜空は、曇っているにもかかわらずまだ充分な明るさを残して、蛍を観るために訪れた家族連れや若いカップルが、庭園の小道に列をつくっていた。

もういちど二人を囲んでコーヒーでも飲もうということで、蛍火の明滅を待つ人たちにまじって二人が出てくるのを待った。その間に、久し振りに出会ったおやじたちの昔話にも花が咲いた。誤解も、嬉しいことも苦しいことも楽しいことも、ほんとうにいろいろあったのだが、今思えばすべてが刺激的で楽しかった。うーたんがつないでくれた善きひとたちとの良き縁に、あらためて感謝した。

ほどなく若い二人は現れたのだが、それからまた長時間の記念写真撮影が控えているということで、残念ながらその夜のコーヒーとおしゃべりはあきらめ、疲れを知らない二人を残してそれぞれひきあげた。

タクシーで椿山荘から目白駅へ向かい、そこから池袋へ。そして池袋から川越へ。目白でも池袋でも川越でも、うーたんと活動した思い出深い場所や人やモニュメントが、星のように輝いて目に浮かんでくる。それらは、必然的に巡り合ったごとく実を結んだものもあったが、因果のように何かが作用して砕け散ったものもあった。あのときにバラバラになった欠片も、いつかまたうーたんの魔法でひとつになることもあるのだろうか。この日のように。

うーたん、じま君、ほんとうにおめでとう。

コメント

これから!
八木澤様 & ひとの駅様

お祝いいただいて、ありがとうございます!
またひとの駅様には電報もいただきました!
いつかお手伝いできる日が来ると思ってます。
その日のために準備してるんでしょう。
jimaちゃんのおかげでmac買えたし、アドビも導入予定!
必要になったら声をかけてくださいませ。
またよろしくお願いします。
どうもお疲れ様でした。
懐かしいみなさんともお会いできて、とても充実したいい時間でした。ありがとうございました。
いずれ川内村も帰還してひとの駅も再開します。
そのときにはまたよろしくお願いします!

管理者のみに表示

トラックバック