FC2ブログ

親父の外泊

腰痛で入院中の親父が、2泊3日で帰れることになり、代表が病院まで迎えにいった。入院したのは5月15日だったから、もうひと月以上になる。親父はずいぶん高揚していた。やっぱり家に帰るのが嬉しいのだろう。

すこしやつれたようだった。もちろん病院のせいではなく、80歳の年齢と、好きなことが自由にならない相部屋のストレスからだと思う。

腰痛で入院している患者が外泊するわけだから、とうぜん外泊中の作業なんぞ言語道断。病院を出るときに看護婦さんに何度もきつく念を押されたのに、畑の雑草を見た瞬間反射的にこのありさまだ。

11062001.jpg

親父はこうやってずっと土と一緒に生きてきたんだ。これからも変わらない。

コメント

やっぱり、お父様は帰ったとたんに、土が…、畑が…呼んでいる!と思ったのでしょうね。
きっと、目の前の畑を眺めながら、(歳を取ったのだけが悔しい!)と思ってる事でしょう。
また、これは、代表がそんなお父様の後ろ姿を眺めながら、(愛おしい~)と思った瞬間の一枚ですね。
素敵な写真です!
これからも沢山の親孝行をプレゼントして上げてくださいね(^.^)b
親孝行します
年寄りのやりたいことは誰も止められないですね。
残された時間はどれくらいかわかりませんが、お互い親には完全燃焼してもらいましょうね。
そして代表も悔いを残さないように完全燃焼を目指したいと思っています。

梅干漬けてる?

管理者のみに表示

トラックバック