FC2ブログ

何だったの?内閣不信任案

それにしても、このたびの政変劇はひどかったよねぇ。これがこの国の最高府のやっているレベルだと思ったら、正直な話寒気が致しました。

11060302.jpg

政変劇は、結局菅直人と民主党が醜態をさらしたあげくに、途中から主役に躍り出ようとした鳩山由紀夫前首相が、またもや菅直人の嘘にだまされて、小沢一郎を裏切って不信任案否決に寝返ったために、賛成派がパニック状態におちいって発狂寸前。結局内閣不信任案は否決されて幕が下りたという。いやはやホントにこの内閣不信任案提出は何だったんでしょうか。
この政変劇を伝えたニューズの見出しは、「死んだ振り続投」「小沢潰しの謀略」「日本人の恥」「茶番」『民主党「終わり」の始まり』「嘘つくな!」まで驚愕唖然、罵詈雑言、憤り噴出の太文字が並んで、絶望的な菅直人の節操なさに呆れ返るという論調になっている。

さて、それでは、この政変劇の勝者というのはだれだったんだろう?
一連のドタバタでハッピーになった人はいたんだろうか?不幸になった人はだれなの?

少なくとも鳩山由紀夫は完敗だろう。自ら政治生命にとどめを刺したといってもいいかもしれない。

11060301.jpg

毎日考えが朝昼晩でコロコロ変わる人らしいのだが、持ち味をいかんなく発揮した。まず不信任案に賛成すると表明しておいて、土壇場になって菅直人にだまされて代議士会で「不信任案に反対しよう」と叫んで、ナント今朝は「菅はペテン師だ。不信任案に賛成すればよかった。」と言い出したらしい(笑)。菅直人がペテン師だから不信任案が出てきたわけで、それを台無しにした本人が「やっぱりだまされました」と胸を張っている。どこか悪いんじゃないかと心配になるが、この人も反省できないで責任転嫁するタイプなんだろうなぁ。また騙されると思う。

この人、小沢一郎も鳩山由紀夫のスタンドプレーのせいで貧乏くじを引いちゃったねぇ。

11060303.jpg

小沢一郎もいろんな人に何度も裏切られる人という印象があるが、立派だと思うのは自分から決して裏切らないことと、個人、政党レベルを超えて国レベルで思考していることだね。もう民主党なんかにいてもしょうがない。次は新党結成かな。そのためにはいいきっかけになったんじゃないだろうか。

そこには不信任案に賛成した民主党の松木謙公前農林水産政務官や欠席した議員も集まるんだろうか。このへんがいま一番気になっているところだ。

11060304.jpg

一見、一番得したのは菅直人だと思えるかもしれないが、実は最大の敗者は菅直人と菅内閣執行部じゃないだろうか。全世界が見ている前で震災対応にメドがついたら退陣すると言って、その舌の根が乾かないうちに、「早期退陣するとは言っていない」と居直りを宣言した。

11060305.jpg

すでに充分に信用をなくしていたが、平気で嘘をつき約束を反故にする人間性と、信用おけない民主党の姿を世界中に晒してしまった。契約社会ではもう相手にされないだろう。党内を浄化してひとつにまとめるチャンスだったのに、自ら芽を摘んで潰しちゃったね。放っておいても自壊するだけになった。お見事!というしかない。

自民党の場合は、失敗したと言われているけれども、今回の政変劇の唯一の勝者は自民党だと代表は思った。

11060306.jpg

なぜならば、内閣不信任案は否決されたけれども、衆院選挙は回避できて被災地を決定的に敵にまわす愚は犯さなくてすんだし、なおかつ、民主党の内部分裂を誘発する深傷を負わせた。さらに菅直人を首相の座にとどまらせたことは大きい。願ってもなかなかこううまくはいかない。それというのも、退陣するふりをしてアッカンベーしている菅直人はこれからも居座り続けて、ということは失政を続け、世論の批判を受け続ける。その上、民主党内部は分裂状態で、仮にも一度退陣すると言った菅直人の言うことは聞かなくなる。相変わらず参議院はねじれたままだから、今まで以上に政権が立ち行かなくなる。このまま菅内閣の失策を追求しながら菅内閣のまま選挙に突入すれば圧勝間違いなし。民主党が自滅するのは時間の問題となった。結果的には100点でしょう。これで谷垣禎一代表も安心して自転車に乗れるだろう。

共産党と社民党は・・・、えっ!いたの?って感じだね。本人たちもこの件で何かの作用は考えていないと思う。

被災地としては、国会が復興をほったらかしにして政局やって、これだけ騒いでおいて一体なんだったんだよー、とお怒りと思うが、解散総選挙にならないだけ良かったと考えよう。ついでに言えば、期待できない政府だということがはっきりわかったのも良かったことだと思う。結局は政治に頼らないで自分たちの力でやるしかない。代表も諦めがついてさっぱりした。

ということで、みんなが骨折り損で、とりたてて利を得た人はいなかったってことだが、それなりに学習するものはあった。意義はあったと思う。代表の政局ウォッチングはこれで終わりにします。

コメント

勘弁してよ。
ほんとうに、なにやってるんでしょうね、先生方は。
労力を使うところ、間違ってんでしょうが~<`ヘ´>
いずれにしても、何処が勝ったということはないようですね。しいて言えば、日本の恥さらし。現在の日本の政治の醜態を、悲しいかな世界が再認識したということでしょうか。
日本人が同じように思われるのが、なんとも切ないですが、結果的に選んだのはその日本人ですから・・・・・。
一番不幸なのは国民
まさに、何だったんでしょう?

そして一番不幸なのは国民。
・・・ですが、まぁ自ら選んだ人たちがこれですから。

3.11以降、国の在り方から生活の在り方まで、日本人にいろいろ
問いかけられてきている気がします。
今後の国の在り方、生活の在り方をどうすべきか。
東洋の発想で、自然に寄り添い、ものを大切に
していく、昔の日本的、東洋的な自然共生型に
向かって行く、そう感じています。時間はかかる
と思いますが・・・。

そして東洋的な発想といえば、陰陽五行をもとに、生年月日を分析して
宿命や運命を知ることが出来る、東洋史観。
今までの発想からちょっと目線を変えて、自然に寄り添った生き方が
見えてきます。
http://www.birthday-energy.co.jp/
の「運命2011」が分かりやすい。いまなら義援金になるそうですよ。

自民党はすこし盛り上がったかも知れませんが、相変わらず
国民の代表のハズなのに国民目線ゼロってところが泣けてきますね。
政治ってこういうものかも?
日本の場合はコイズミ政治あたりから特にひどくなった気がする。自民党政権時代にはよく事件の関係者が怪死したしなぁ・・・。
政権は元を辿れば国民がつくるわけで、だからひとりひとりの考え方生き方が大事ってことですね。まさにそのことを問われているのだと思います。
>自民党政権時代にはよく事件の関係者が怪死したしなぁ
最近でもたくさんありますよ!ぽっぽやおざーさんの周辺...
それ以外にもあるんでしょうが、、

管理者のみに表示

トラックバック