FC2ブログ

上川内の諏訪神社

子どもの時に繰り返し見る夢ってないですか?

代表が繰り返し見た夢は、まず、どこかで遊んでいて足を踏み外し穴に落ちる。穴は暗くて狭くて長い。その中を延々落ちていく。息ができないくらいの苦しさに耐えながら落ちていると、最後に明るい空間にスポッと出る。そこはいつもこの諏訪神社なのだった。

11052601.jpg

代表は神社の階段に胸がつくような感じで田んぼに向かって飛んでいく。高く飛ぼうと思って体を反らせるのだが地面すれすれから上昇できない。上がろう上がろうともがいているうちに汗をかいて目が覚めた。

代表はこの夢が怖くて怖くて、なんとか見ないですむようにしたいと思っていた。ある夜、夢に入った瞬間に、組んだ足が外れたのに気付いた。そう。足を組んだまま眠って、その足がガタッと外れることがこの夢を見るきっかけになっていたことを発見したわけだ。それから足を組まないで寝るようしにたらこの夢を見ることはなくなった。

神主の息子が同級生だったから、神社は遊び場のひとつだった。境内から見える秋の収穫前の黄金色の田んぼの風景は素晴らしく、その田んぼもまた遊び場だった。

地震で倒れた燈篭はまだそのままだが、来年の秋には燈篭も立って黄金色の田んぼを見渡すことができるだろと思う。

コメント

少年自体のドラマになりそうなすてきな場面、ありありと想像できました。いつかまたそんな光景がみれますように…
ある!ある!
私は胸に手合わせて寝た時に必ず怖い夢を見ます!!。
それに気付いてからは胸に手をあてないで寝ないようにしてます。
怖くて怖くてうなされて、苦しくなって、遂には悲鳴を上げ、 上げた自分の声に驚いて眼が覚めるのですが、、、
百発百中で必ず見ると思います!。皆さんもぜひ一度試して見てください!。
すみません、自体→時代 (^^:
神社
子どもの時の夢って、見たこともない景色や人がでてくるでしょう?不思議ですよね。
きょうの夜は胸の上で手を組んで、足も組んで寝てみよう。どんだけ怖い夢を見るんだろうか?(笑)
この神社の境内で催される祭りがまた風情があって楽しかったなぁ。神楽や獅子舞、巫女の舞い、そして怪しいおっさんの出店。失くなってはじめてわかる日常の大切さですね。

管理者のみに表示

トラックバック