FC2ブログ

福島県川内村ひとの駅かわうち代表より皆様へ

たいへんお世話になっております。

ひとの駅かわうちのスタッフはじめとする全関係者とご協力とご支援をいただいた皆様、そして、ご利用いただいた作家さん、ひとの駅かわうちをご紹介いただいたメディア関係の方々、当ブログをご覧いただいている皆様へ連絡させていただきます。

この度の東北地方太平洋沖地震に遭われた皆様には心よりお見舞いを申し上げます。
この地震と地震で発生した津波のために、東北太平洋岸部が壊滅的な被害を受け、ひとの駅の関係者を含めて多くの皆様が今まさに避難の只中であり、たいへん心が痛みますが、ご心配いただいている皆様に川内村とひとの駅かわうちの状況をお知らせ致します。

まず、多くの皆様からご心配のメールやお電話をいただきましたこと、改めてお礼を申し上げます。
おかげさまで事務局の斉藤昭蔵、きい子夫妻は無事でした。いまは栃木県那須町の知人宅へ避難しております。ひとの駅かわうちの被害は、建物はほとんど損傷がなく、作品についても展示中の作品が落下した程度でした。

川内村内の被害は、幸いにして亡くなった方や重篤な怪我をされた方はなかったとの情報です。福島第1、第2原子力発電所の事故のために、海岸部の多数のひとたちが一時川内村に避難しましたが、3月15日に、遠藤村長の全村避難判断により、十数名の村民と数名の役場職員と村議を残し、全村民と川内村に避難して来られた方々が、郡山方面に避難しました。

そういうことで、皆様にはご心配をおかけしておりますが、原子力発電所の消火さえ予定通りに行われれば、川内村とひとの駅かわうちの復旧はそう遠いことではないと考えております。その時が参りましたら、どうぞまた皆様のお力をお借しください。

本日は以上の報告までとさせていただき、状況が変わりましたらまた連絡させていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

ひとの駅かわうち 代表八木澤勝一

コメント


管理者のみに表示

トラックバック