FC2ブログ

3月14日20時の状況

川内村とも事務局の昭蔵さんともまだ連絡がとれません。
日曜朝にメールを送ったひとの駅の近くの友人から「大丈夫です」とだけメールが返ってきました。緊迫している様子ですが、ひとまず安心しました。

もっと心配なのは原子力発電所です。
本日、ついに3号機の建物が水素爆発して吹き飛び、また7名の負傷者が出ました。あの爆発で軽傷でいられるわけはありません。相当な傷を負っていると思います。ほんとうにお気の毒です。

2号機は更に深刻であり、メルトダウンの恐れが高まっています。
しかし国側は避難を拡大しませんが、この状態でなぜまだ安全だと言えるのか、代表には理解できません。
さまざまな憶測があり、誤情報もありますが、東電、経産省、枝野官房長官らは、手遅れになる前に正確な情報を発信して、最悪の事態を想定して、住民の避難を急いで拡大すべきです。後から安全だとわかれば、それはそれでいいわけですから。それが危機管理というものです。これは完全に非常事態です。関東も決して安全圏ではありません。不安を煽るつもりはありませんが、一エンジニアとして見て、明らかに深刻な状況です。もう犠牲者を増やしてはいけない。川内村に連絡できないことがほんとうにもどかしい。

この状況で、今現場で対応にあたっている東電社員、東電工業社員、自衛隊員のみなさんは、自らを犠牲にして国を守ろうとしている騎士です。代表にはできない。ほんとうに頭が下がります。よろしくお願い致します。

被災した現地現場が、それこそ命がけで必至で頑張っているのに、国はこの時に乗じた「地震増税」なんかを検討していないで、津波の被災者の救済と復旧にもっともっと力を入れるべきだと思う。

コメント

おつかれさまです
自信の直後は電話が通じて両親の無事は確認しました。原発で避難勧告が出てからは連絡取れていません。
無事を祈るだけしかできません。
地震でした。

管理者のみに表示

トラックバック