FC2ブログ

ウッドトップケーキ

 花園の同級生からチップ堆肥をもらって来た。

  2020022001.jpg

 土建屋さんが、仕事で発生する木材を砕いて水を掛けながら2,3年かけて腐植にしたもので、もう土に近い状態になっているためにアオリを外しても崩れない。まるで大きなチョコレートケーキみたいだ。草木が土の元なんだということがよくわかるね。

 自然界だとこれに100年かかるのを、人間は数年で腐熟させて農業に利用する。有機農業という言葉にロマンをを抱く人は多いと思うが、しょせん人間の手による自然破壊行為に変わりはない。そこのところを理解して取り組むかそうでないかで、自然破壊の度合いが変わって来る。どっちが自然を長持ちさせるのか。もちろん理解して取り組む方だろう。理屈がわからなければ長持ちさせる方法がわからない。

 最近、代表の作業場の近くの田んぼを借りた夫婦が、無肥料農法で野菜をやるとのことで、大人の背丈ほどの溝を何本も掘り始めたが、肥料が無くて作物が育つと考えているのだろうか。人間が食べ物無しで生きられるかどうか考えればすぐにわかることなのに。それが地球にも野菜にもそれを食べる人間の体にも良いと信じているんだろうけども、田んぼで夫婦がもぐらみたいに放る土くれが飛んでいる風景は滑稽だ。

 まあ、色んな考え方がある。農業者の数だけ農法がある。代表は代表の道を行く。

 

コメント


管理者のみに表示

トラックバック