FC2ブログ

トラクター登場

 元気があれば何でもできると思ったが、時間的な制約その他の制限がある場合にはできないことがあった。田んぼの耕耘が間に合わず、ついにトラクターを借りることになった。

  2020021901.jpg

 畑Bの大家さん所有のトラクターで、いつでも使っていいことになってはいた。しかしながら、1反程度の畑においては大きさを持て余してかえって面倒に感じるところもあり、また、耕運機で土の状態を手で直に感じながらのんびり耕すのも嫌いではなかったから、トラクターの出番は無かった。

 担い手塾への入塾を決めた時も、下の写真の田んぼ2反を合わせて計3反くらいならなんとか耕運機でできるだろうと考えて、実際、やれる自信もあった。

 ところが、それからあれよあれよという間に耕作地が増えて、今や7反(先日また1反増えた)。元気な代表でも、これはもう耕運機で回していくのは不可能だと諦めてトラクター主体でやって行くことに決めた。

 正解だった。耕運機で4日かかる広さが、たった3時間で終えられる。まさか代表の農業がこういう事態になるとは一度も想像したことがなかったが、美味しい野菜を多くの人に販売して味わってもらい、その応援を後ろ盾としてこの農法を広めていくという計画のためには、こういう段階に突入することは必然だったなと、手鼻をかみながら感慨深かった。新しい領域へのスイッチが入った。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック