FC2ブログ

新たな野望

 簡単だと言う人もいるんだが、代表には難しかった。なかなか良いものができなかった。殊に、代表の農法では全くうまくいかなかった。芽が出なかったり、育っても長くて先が細い筋だらけの硬いのになったりした。しかし、ようやくにして甘くて美味しい人参ができた。

  2020021501.jpg

 人参栽培の難しさは、何と言っても、芽がだせるかどうかだろう。ゴミかと思うくらいの小さな種を、畑の土とは言うものの小石程の塊がゴロゴロしている所に播くわけで、まず人参にとっては、適した場所に落ちるかどうかの運が試される。

 幸運にも最初に出た根が土に突き刺さったとしても、頭を土の塊が抑えていたらアウトだ。代表の農法では元肥をやらないので、種の中の栄養で生きられる一週間ほどの間我慢できれば代表から液肥が届けられるが、それまでにエネルギーを使い果たしたらそれまでだ。ここまでに大部分の人参は無くなってしまう。

 小さな双葉が出るところまで辿り着けても厳しさが続く。虫に食われたり雨滴で倒されたりする。間引きという理不尽な選別も通過しないといけない。大変なのだ。

 間引きを免れ、ある程度大きくなってしまえば生き残れる確率はぐんと上がるが、代表はその段階に至ることができなかった。それがようやくできて、有機の無農薬で、まだ詳しいことは言えないが代表の農法ででも、食害の無いきれいな人参が育てられることがわかった。嬉しい。来年の今頃は人参で億万長者だ。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック