FC2ブログ

朝市卒業

 週に二回、火曜日と金曜日の朝8時から9時まで、団地の一角で朝市をやっている。出店者は多くて3人。少ない時は代表1人だ。お客さんは10人を超えれば多い方でたった一人なんてこともある。小さな小さなマイクロ朝市だ。

 家庭菜園で作って余った野菜を売るだけだから、売る方はそんなに気合が入っているわけでもなく、買う方もゴミを捨てに外に出たついでに覗いていく程度のどっちもあまり期待していない関係。だから、代表以外の出店者はしょっちゅう休みにする。しかし、そうではあっても商売だからと思って代表は雨の日も傘をさして立った。売る野菜がひとつしかなくっても、とにかく立ってきた。

 本日の代表の商品。白菜が大きくなった。

  2019111201.jpg

 値段は、前の日にマーケットに行ってチェックして、それからインターネットで市場の動向を見て、その6~7割程度にしている。

 客も安さを期待しているし、生産者直売だから流通経費もかかっていないし、品質はプロ農家の技術が入った野菜の足元にも及ばないし、研究で作り過ぎた野菜の処分的なものだから、それでも釣りがくるくらいの話なんだが、出店者仲間から「安すぎる」と声が出ることもある。笑ってごまかしている。それでいいのだ。

 この朝市もあと少しで卒業だ。来年から川越の直売所に作物を持って行くことになる。毎朝直売所に運んで、値段を付けて並べ、売れ残ったら夕方引き取りに行く。それを二年間繰り返さないといけない。そういう商売はやりたくないし代表に向いてもいないが、趣味の枠を取っ払うためにチャレンジする。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック