FC2ブログ

春じゃがでキタアカリはできるが、キタアカリで秋じゃがはできない

 9月3日に播種した春植えのじゃが芋が、芽の予定日に芽を出さない。じゃが芋は芽が出る時には土が盛り上がるんだがそれもない。掘ってみたら皮だけになっていた。失敗だ。

  2019092001.jpg

 秋に収穫する夏植えのじゃが芋の一番の難しさは、高温下で植えることになるため種芋が腐敗しやすいこと。そのため、切らないで植えたりして腐敗しにくくするといいらしいんだが、栄養周期理論に感化されている代表は、発案者の勧めに従ってわざわざ切って魔法の液体に丸2昼夜浸漬した後播種した。確かにその効果か腐ってはいなかった。腐敗臭は無くじゃが芋の良い匂いがする。腐らないままで中味がボロボロになっちゃった感じだ。

 しかし、芽を出そうとした兆候も無い。魔法の液体には休眠から目覚めさせる効果があるということだったが、それがなかった。多分代表が作った春じゃが(キタアカリ)は完全に完熟していたからだと思う。完熟し切って深い眠り状態にあったため、起こそうとしても起きなかったということだろうと推測する。春じゃががうまく出来過ぎたということかな(自慢)。

 秋じゃがは休眠状態からきちんと目覚めさせてやって芽出しをしてから植えないとダメということがわかった。その方法はまだ?だが、改めてまた来年チャレンジしてみたい。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック