FC2ブログ

草むしりは握力勝負

 太陽が顔を出したのが7月23日。それから13日間ずーっと畑の草むしりをしている。先に畑Bをやって、次に茫々の畑Aをやっていたが、ようやく9割方終わった。残りは一番外側の部分。早くやってしまってすっきりした気持ちでお盆を迎えたい。

  2019073101.jpg

 草むしりの作業は簡単そうだが意外に難儀だ。まず握力が無いと無理。この握力もいわゆる握力と違って、指で草をつまむ握力。それと、ひたすら草をつまんで引き抜く持久力。このふたつが備わっていないとできない。普段やっていない人は15分も続かないだろう。

 もうひとつポイントを付け加えると、草をしっかり見て一本一本正確につかんで抜くこと。慣れないと、草の塊をつかんで抜こうとしてしまうが、こうすると草は抜けない。小さな草も何本かまとまると大きな草のように地面から引き抜きにくくなるし、手から滑ってしまう。より強い力でつかまないといけなくなるので疲れて長く続けられない。小さな草は指でつまんで、大きな草は手の平で包むようにして一本ずつ引き抜くのがコツなんだね。

 畑Aの除草を終えて畑Bに行くと、あんなにきれいに除草したのにまた雑草で覆われてしまっていた。また草取りだ。

 

コメント


管理者のみに表示

トラックバック