FC2ブログ

箱罠の次の手は電気柵

 昨日定植した長茄子はうまく活着した。液肥が効いているのが葉っぱの傾きでわかる。葉っぱがしゃきっと立ってくる。液肥は素晴らしい。リポDみたいだ。

 代表は、この前川内村に行った時に、ストックしてあった家具などの廃材を利用してある物を作った。また昨夜から朝にかけて雨が降ってしまって畑に入れない状態なので、持ってきたそれを完成させることにした。

2019072801.jpg

 板の合わせに木工ボンドを塗りながら木ネジをねじ込んで組み立て、防腐のためのペンキを塗って完成したのは...
 ...電気柵の本体の設置スタンド。

2019072802.jpg

 本体は野外で使うものだから防水仕様になっているが、そんなにしっかりした構造ではないみたいなので、雨風の直撃だけは避けられる程度の箱を作ってみた。こんなものでもあるのと無いのとでは安心感が違う。

 特に雨が直接かからないように、屋根は厚く塗装された錆びにくい鉄板で葺いた。看板は40~50年前のものだと思われる。

2019072803.jpg

 こういうのを活用していいものかどうか不明だが、いらないって放棄されていたものだから問題は無いだろうと思う。今から役場警察に届けてもかえって迷惑がられるだけだろう。

 そろそろ西瓜が育ってきたので、アライグマやハクビシンに食べられてしまう前に対策しておかないといけない。西瓜の次は葡萄と落花生もあるんだが、箱罠だけで防ぐには無理がある。だから電気柵を併用することにした。電気柵を使うのは初めてなんだが、どれくらい効果があるものなのか?とっても楽しみ。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック