FC2ブログ

ドウガネブイブイ登場

 酸素をたくさん欲しがるネギを植え付けるときには根元に藁を置くのが普通のやり方だ。その後追肥しながら土を被せて行く。そうすると土が段々深くなっていくのに伴ってネギの白い部分も長くなる。白い部分が長いほど可食部が多くなるというわけだ。

 しかし、土の中に深く入っていると収穫作業もたいへんだ。スコップで掘り出さないといけない。そこで代表の畑友だちは藁だけを追加して行く方法を考案した。そうすると簡単に手で引っこ抜ける。それはグッドアイディアだと思って代表も試してみたが、倒れるは風で飛んでしまうわでネギを藁で支え続ける手間の方がよっぽ苦労で諦めた。代わりに閃いたのが藁の代わりに籾殻を使うことだった。

 これは画期的だった。藁よりもしっかりネギを包み込み倒れない。雑草も生えないし通気性も良い。完璧だと思ったが、ひとつ問題が出た。籾殻に埋まったところを虫に食われる。

2019061201.jpg

 犯人は黄金虫の仲間ドウガネブイブイの幼虫と思われる。この幼虫はこういう場所が好きらしい。バンバン食われる。ネギは強いのでこれくらいで枯れないと思うが。いいアイディアだと思ったんだけどなー。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック