FC2ブログ

じゃが芋だって風邪をひく

 一昨日までは夏バテしそうな暑さだったが、昨日は一転して凍える寒さだった。川越では時折霙が降った。まだじゃが芋を植えていなくて焦っていた代表は、半分に切って切り口を乾かしていたところだったが、低温で切り口が黒ずんでしまった。これはじゃが芋が風をひいたような状態とのことだが、そのまま植えても問題はないらしい。

 ところで、種芋を半分に切る時どこから切るか知ってた?へその所を通るように切るといいらしいよ。下の写真の丸の中のちょっと窪んだ部分がじゃが芋のへそと呼ばれるところ。

2019032402.jpg

 なんでへその所を通るように切るといいのか?
2019032403.jpg

その理由は、芽がへそを軸としてだいたい等間隔で出るかららしい。つまり、へその所を通るように切った半分にはそれぞれ同じくらいの数の芽が残ってくれるってわけだ。実際にやってみるとおおよそそんな感じになる。ひとつ芽があればいいんだが、多い方が確率が高くなる。やってみそ。

 それから、切り口に腐敗予防としての灰は塗らなくても大丈夫らしい。充分乾かせば。但し、灰はほとんどカリウム成分だから、肥料として効いているかもしれない。

それから、こういう伸びすぎた芽は欠いてしまっていいらしい。傍からすぐに新しい芽が出る。

2019032401.jpg

 じゃが芋はタフだ。が、風邪をひかない代表はじゃが芋よりは強い。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック