FC2ブログ

モンベルはむすい

 長持ちすることを川内村周辺地域では「むすい」という。「この飴玉はむすいなー」というような使い方をするんだが、飴玉の言い方も「あめだま」といわないで「あめたま」あるいは「あめったま」というのが川内風だった気がする。60年も前のことだからあまりよく覚えていないが、一個3円だか5円くらいのでかいあめったまがあって、子供の口だと中に入れたら齧ることも動かすこともできなかった。あれはむすかった。

 代表のお気に入りの作業着だったこのモンベルのパンツとaddidasのキャップもむすかった。みっちり3年は使っただろう。

2019021701.jpg

 パンツの方は最初は普段着だった。汚れが目立つようになってからは作業用にして、農大に入ってからの実習はもっぱらこのズボンを着用した。厚手のナイロン地のため形がしっかりしてよれにくいところと、バックルが薄くてコンパクトな割にかっちり決まるところ、何より丈夫なところが気に入っていたんだが、長年の酷使でついに股関節から膝にかけてのところが擦り切れてしまった。

 帽子の方は頭の後ろのベルクロが効かなくなってしまった。こっちもナイロン製だったが蒸れにくく汚れにくいところが作業用として最高だったんだが、さすがに限界だ。あと少しで卒業だし、パンツと一緒に捨てることにした。ありがとうパンツとキャップよ。ご苦労さんでした。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック