FC2ブログ

ネギを救済する

 今日は久しぶりに畑に行った。この前行ったのは里芋掘りの時だったから、一ヶ月以上も経ってしまった。ほぼひと月に一回しか行ってない。ということは、一年に12回。こんなんじゃ「畑やってます」なんてとても言えない。それもあと二ヶ月の辛抱だ。

 寒い日だった。シャーベットの塊を口に入れた時みたいに冷たさで頭がキーンとなった。そして、畑を見てガーンとなった。もう草原化してしまっていた。これだけ寒いのに雑草だけは元気良く伸びるね。

2018122801.jpg
 里芋掘りの時には何てことなかったネギの畝だったんだが、雑草がネギを超えそうな勢いだ。早く助けてやらないと食えなくなってしまう。そういうことで、今日はネギの周りの除草をすることにした。

2018122802.jpg

 指先の感覚が無くなりそうな土の冷たさに耐えながらひたすら雑草を抜いた。ついでにネギを一株抜いてみたら、冷たさも吹き飛びそうな程けっこうな太さに育っていた。昨年よりも遥かに育ちがいい。

2018122803.jpg

 雑草がこれだけ育つということは、土にそれだけの力があるということになるだろうね。土がダメだと草も育たないから。このネギ、一時は縮んじゃって心配したけど、確かに初期の植え方は良くなかったかも知れないけど、大体の方向性は合ってる感じ。自信がついたので来年はもうちょっと大胆に条件を変えてやってみようと思う。

 ついでに昨年から仕込んだ腐葉土の堆肥がどうなっているかほじってみたら、丸々太ったカブト虫の幼虫がゴロゴロ出て来た。起こしちゃって申し訳なかった。

2018122804.jpg

 カブト虫がしっかり葉っぱを食ってウンコをしているね。この糞もいい肥料になるんだよ。さー、来年は何を作るかな。皆が驚くような農業関係の情報もビシビシ発信していきたい。楽しみになってきた。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック