FC2ブログ

子育て終了

 3人の子どもたちが全員揃い、我家は久々に賑やかだった。

2018092401.jpg

 色んなことが話題になった中で、1人が「カツラをするようなお父さんでなくて良かった。」と言った。もう1人は「周りでお父さんぐらいの歳の人はもうよぼよぼの年寄だ。」と言った。

 そうだろう。代表の今の姿はこれまで歩んだ人生の結果だ。見栄で虚飾を続けたらカツラをするようになったろうし、つまらない面白くないと思って何十年もしかめっ面を続けていたらその表情で固まっていただろう。ここまでの代表の生き様で今の代表の姿かたちがつくられた。

 子どもたちが社会人になるまでは、代表の姿かたちに対して肯定的でなかったと思う。ハッキリ言って、否定された存在であった。親として恥ずかしい、できるなら代表の子どもでなかったことしたかったという態度がありありだった。街ですれ違って手をあげても知らない振りをされたこともある。

 しかし、キムタクにはなれないしなりたいとも思わないし、そういう時にどれだけ言葉を尽くしてもわかってもらえないことはわかっていたので、嫌われても疎まれても代表は自分の生き方を貫くしかなかったが、現実を受け止め、誠実に自分及び世の中と向き合って逃げないことの意味に、子どもたちもそれぞれ独り立ちしたことがきっかけで気付き始めたといことだろう。

 彼らがどういう生き方を選ぶのかわからないが、ようやく子育てが終わった、そんな気がした一夜だった。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック