FC2ブログ

飾り付け

 週末の川内村は吹雪。ひとの駅の校庭には、新たに10センチメートルの積雪があった。
そんな中、東京から、若い木工芸作家さんが三人、飾り付けに来てくれた。

先週末のひとの駅
 飾り付けに来てくれたのは、中内安紀徳さんと、藤原洋人さん、そして、安田さん。
中内さんの新しい作品「出土」は、同じく中内さんの作品「宿る器」が展示してあるコミュニケーションルームに展示することになった。

中内さん作品飾付

教室の景観の中で、立春の明るい日差しを浴びる「出土」は、芸大の緊張感の漂う展示場とはまた違い、とても伸び伸びして見える。喜んでいる! 代表はそう感じた。

 そして、藤原さんの作品「表面の影」は、福島県の重鎮、代表も大ファンの斎藤正三さんの画の教室へ。

藤原さん作品飾付

正三さんの抽象画ととても合う。今度は逆に、教室の雰囲気が変わって、ピッとした緊張感が漂う感じになった。
すごいね。アートの不思議な力。

二人の若い木工芸作家さんの渾身の作品。
ひとの駅に、また新しいシンボルが増えました。ぜひ見においでください。

三人の若きアーティスト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック