FC2ブログ

茶畑の葬送

 正月に親父の兄が亡くなった。年が明けたら代表の運転で会いに行こうと話していた矢先に。親父の実家は茶の産地で、お墓も茶畑の中だ。

18011601.jpg

 祖父、祖母、叔母の順に亡くなり、その度にこの道を通って弔ってきた。そして今度は叔父。90歳だった。

 「次は俺の番だな」と親父が言う。順当にいけばそうだろうが、明日誰のところにお迎えがくるかなんてことはわからない。親父の前に代表に順番が巡ってくるかもしれない。そういう気持ちでそれぞれが今を精一杯に生きるしかないんだと思う。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック