FC2ブログ

今年はえんどう豆の味噌汁が飲みたい

 代表が畑を始めて、最初に植えたのがえんどう豆の苗だった。畑の師匠のイシイさんがくれた。なんの知識も無く、子どもの頃に川内村の畑で見た記憶だけを頼りにして、近くの竹林で切った竹で畑の西側に垣根のようなものを立てて、そこに植えたんだが、あまり成長しなくて、竹に巻き付くこともしないで、風に煽られて、ほとんどの苗が枯れてしまった。何本かが少しだけ実を付けて種を残した。それで風の影響とか土の具合とかのことがわかってずいぶん勉強になった。

 二年目に残った種を植えた。早めに植えたら早く大きくなるだろうと思ってそうしたが、冬期の寒さで枯れてしまった。それでタイミングが重要なんだとわかった。

 まだ残っていた種を三年目に向けて植えた。過去二回の半生を活かして、早すぎず遅すぎないタイミングで、芽が出てからは寒さ対策で竹の枝で囲んでやって。

18011501.jpg

 ちょっとわかりにくいが、凍える朝の寒さの中、竹の葉の中で緑を保ちながら竹にツルを巻き付け伸びているのが見える。バッチリだ。

 集大成の三年目。すべての作物をベストのタイミングベストの状態で育てるのが今年の目標。今年こそえんどう豆の味噌汁が飲みたい。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック