FC2ブログ

撤収!

 代表がよく利用する浦所街道と呼ばれる道路は、国道463号の本線で、浦和市と所沢市を結んでいるので一般的には浦和所沢バイパス(うらわところざわバイパス)というんだが、その、新河岸川を渡る橋の近くに、道路標識を包み込んでしまった欅の木がある。

17122801.jpg

 代表がこの道路を利用するようになった39年前、欅はまだ若木の部類で、倒れ防止の支えがされていた。すぐ傍にくっつくようにして道路標識が立ててあり、どっちが先だったのかわからないが、「おかしな配置にしたもんだな」と思っていた。これじゃ欅が枯れてしまうだろう、と。

 その後、欅と標識は張り合って悲惨な感じが続いたが、ある時から標識が欅に食い込んだ。やっぱり標識が勝ったか、鉄の棒には敵うはずがないよ、と見ていたら、次には標識が曲がりだした。劣勢を挽回して欅が標識を抱き込み、サバ折りを食らわせながら自身の幹は真っ直ぐに伸ばしたのである。今では欅と標識が完全に合体した。木と鉄のハイブリッド接合。異種材料の接合は難しく、代表の研究テーマでもあったが、39年の間にはこういうことが起こる。

 今日は代表が39年間勤めた会社の最後の出勤日だった。こういうのを見ると「長かったなー」と思う。同時に「あっという間だったなー」という感覚もある。つい先日入社したような感じがする。

 職場の仲間たちに握手して送り出してもらい、大きなお祝いの花束をKトラの助手席に積んで走りながら、しばらくの間、その不思議な感覚をゆっくり味わった。淡く甘いミント水のようなすっきりした味だった。

17122802.jpg

 自分でいうのもなんだが、見事な撤収だったと思う。一年以上前から時間をかけて仕事の引き継ぎをして、仕掛の仕事はきちんと終わらせて責任を果たし、返すものは返し託すものは託し捨てるものは捨てた。お世話になった人たちにはそれぞれにお礼を言って、直接会えなかった人にはメールと電話で連絡。そして今日の職場での最後の挨拶。握手の波。プロジェクトメンバーからのサプライズプレゼントにはつい泣かされそうになったが、耐えた。完璧だった。

 あ、いけね。机の中にハンコ忘れた。


コメント

おめでとうございます。
祝退職!!
No title
どうもありがとうございます。

管理者のみに表示

トラックバック