FC2ブログ

家庭崩壊

 夜中に家内と子供たちが言い争う声で目が覚めた。代表と家族との間でもめることはしょっちゅうだが、家内と子供たちがもめることは珍しい。みんなお母さんっ子で家内が大好きだからだ。

 眠っているふりをして話を聞いていると、家内が、拾った子猫の里親を見つけてきたことに対して、子供たちが反発しているようだった。子供たちに相談なく決めたことと、里親が可愛がってくれる人かどうか信用できないこととかで、家内と子供たちが本気でやりあっている。

 家内が「あなたたちは可愛がるだけだからいいけど、世話をすることがどれだけたいへんか、わかるの?猫が布団にオシッコしたとき、洗うのはわたしなのよ。わたしの責任で里親を決めて何がいけないの?」と日ごろの不満を爆発させている。

 子供たちは「自分にも拾ってきた責任がある。できたら家で飼いたいけど、できなかったら可愛がってくれる人にもらってもらいたい。自分たちで里親を探したい。」と涙ながらに訴えていた。

君たちのせいで家族はメチャメチャだニャー。

17090701.jpg

 代表は「うるさいな。眠れないよ!」と思いながら、実のところ嬉しかった。みんな問題から逃げないで正面からきちんと自分の考えを言っている。いいことだ。雨降って地固まる。代表の家族はこれを機会にもっともっと仲良くなるだろうと思った。家内と子供たちが言い争う声を心地良く聞きながら、代表は再び深い眠りに入った。

コメント

名誉猫会長
ひとの駅の名誉会長として就任していただければと思っていましたが、実現は難しそうですね。
いい人に飼っていただければと思います。

管理者のみに表示

トラックバック