FC2ブログ

農薬が体に良いわけない

 代表の畑には果樹が何本か植えてある。代表が育ててみたかったブルーベリーが4本。だめ元で挿し木してみたら育っちゃった巨峰が2本。それと、生で食べたかったプルーンが1本。

 果物が成るんだから木も美味しいんだろうけど、コガネムシとかカミキリムシとかカメムシ毛虫の類が、毎日毎日退治しても退治しても湧いてきて、葉は穴だらけで幹は傷だらけだ。

 このままでは実が成る前に食べ尽くされてしまう。代表自家製のトウガラシ液は、吹きかけたそのときは瞬殺だが、持続性はない。あまりやりたくなかったが、殺虫剤を使うことにした。土の中の虫には「オルトラン」、コガネムシとかカミキリムシには「スミチオン」という薬。おそらく専業農家でこの二つを使っていないところはまずないというようなポピュラーな農薬だね。

 オルトランは畑を始めたころに買ったのがあったのでそれをパラパラと木の根元にまいて、スミチオンは水で1000倍に薄めて葉っぱにスプレーした。その成果が下の写真だよ。

17090601.jpg

 高々1メートルくらいの巨峰の木に、この数のコガネムシの死骸。1、2、3、4・・・、たくさんたくさんだ。ひと晩でこんなに寄ってきていたことにも驚いたが、農薬の威力にもびっくりした。こりゃー体に悪くないわけがないよね。どれだけ虫の攻撃を受けても、農薬を使うのはこれっきりにしようと思った。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック