へーぶーすー

 平伏沼(へぶすぬま)にも行った。

17061301.jpg

 高塚山の登山口駐車場から平伏沼~滝根町間林道へのルートができたので、今は車で簡単に行ける。

  代表が子どもの頃は4区方面からの細い登山道を、あけびやブドウを採って食べながら一時間ほどかかけて登った。沼周辺は見晴らしの良い高原状になっていたから、M君と走り回ったり、所々露出していた大きな花崗岩に名前を付けたりして遊んだ。高校生のときにはキャンプもした。

 高塚山と同じくここも景色が変わってしまって、キャンプした場所はちっともわからない。平伏沼も岩もキャンプした場所も動いていないんだが、記憶の方が消えてしまった。みんなの記憶をつなげると少し思い出せそうになるが、それぞれ相当ぼやけているもので、いくら重ねたところで霞んだままだ。天女を包む羽衣のように霞んでなびく幾層もの淡い思い出。しかし天女の体は見えない。その上に、今日また新しい単衣を重ねることになった。

「モリアオガエルの卵がある!」
17061302.jpg

 そう。平伏沼はモリアオガエルの繁殖地として全国的に名が知れている場所なのだ。繁殖行動の時期が終わってしばらく経っていたようで、樹上に残った卵の数は少なく5、6個。おおかたの卵はおたまじゃくしになって沼に落ちたのだろう。丸々と太ったモリアオガエルのおたまじゃくしが、あちこちで群れて落ち葉をつついていた。

これまで、天敵のイモリを釣ってカエルだけ増やそうとしたり、菖蒲を植えて美化しようとしたことで沼の水が減ってしまったりしたみたいだが、当面は大丈夫そうだ。人間がカエルの気持ちがわかると考えたり金儲けに利用するのは不遜だね。余計なお世話。平伏沼はそっとしておいて成り行きに任せるのが一番。心平さんもそう書き残している。

 うまわるや
 森の蛙は阿武隈の
 平伏の沼べ
 水楢のかげ

17061303.jpg
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック