大暴落

 東京オリンピックのゴルフ競技の会場候補になっている霞が関カンツリークラブは、代表ん家のすぐ近くだ。車で10分。そこが女性の入会を認めることになったというのがニュースになっているんだが、オリンピック会場にないたいばっかりに伝統を捨ててしまってなんだかなと代表は思った。ホンダの創業者本田宗一郎は、金はあったが品格がふさわしくないということで霞が関カンツリークラブに入会できなかった。その話はクラブメンバーだった某衆議院議員を親に持つ友だちから聞いた。

 ついでに、何十年か振りに主だったゴルフ場の会員権相場を調べてみたら、とんでもなく安くなっていてビックリした。

17032001.jpg

 常にゴルフ会員権のトップだった小金井カントリークラブは、最高値は5億円くらいだったと思ったが、今じゃ2750万円。20分の一まで下落。安い!その他名門ゴルフコースが同様の状況で、ひどいところは100分の1まで下がっていた。埼玉の河川敷のコースは500万円とか700万円だったのが10万円だよ。50分の1。しかも名義変更料無料だって。

 会員権はただのプレーする権利だけから、以前が異常に高すぎたということもあるんだが、それにしても株や不動産に比べて落ち方が凄まじい。今が買い時かもしれない。霞が関カンツリークラブは1200万円。オリンピック開催が決まったら値上がりするだろうから、2つ3つ買っとくか。代表の品格だったらメンバーになれると思う(笑)。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック