プロゴルファー・ヤギだった

 代表の会社は毎年1月に20日有給休暇が発生する。20日まで次の年に持ち越すことが可能なため、たいていは1月1日に40日の有給休暇を持ってスタートする。その場合、20日以上の持ち越しは禁止なので、必ず20日は消化しきらないといけない。

 旅行へ行ったり畑仕事したりいろんな形で消化するわけだが、その20日のほとんどを全部ゴルフラウンドに費やすバカというか猛者が20人ほど、代表の職場にいる。自分たちでゴルフ協会を作って道場杯とかいうトーナメントをやっている。賞金まで出して。だからみんな一年中日に焼けて真っ黒。練習のしすぎで背骨や手が変形しているのもいる。ぎっくり腰なんかで会社に行けないときも杖をつきながらトーナメントには出ている。

 おかしいんじゃなかろかと思うが、代表も昔は仲間だった。一週間に4日練習場に行っていた。プロゴルファー・ヤギを目指していた。

17020201.jpg

 地方のパブリック選手権を制して全国大会で優勝。その資格で日本オープンに出場して優勝しトーナメントプロに転向。そういう夢を追っていた時代もあったんだけどね。パブリック選手権でさえいつもビリの方だったよ。練習場ではプロ並みなのに、緊張するんだよねー、試合では。

 かなりの有給休暇を使って、家のこともしなかったのでよく家内を怒らせたが、つくづくゴルフをやっておいて良かったなーと思う。天気のいい日に2時間くらいポンポンとボールを飛ばすのは最高の贅沢だ。

 道場杯の案内は今でも届いている。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック