畑にて

 困った兆候なのかねー。近頃は人間よりも植物や虫との付き合いの方が楽しくなってきた。

 植物や虫の何を見ているのかというと、人間的な所だったりする。艶やかな色や形甘い蜜で虫を誘う色気とか、暑さ寒さや天敵が這い寄った時の萎れだとか、抜かれたり芽を摘まれたりしたときに見せる開き直りの生命力とか。人間とまったく同じだ。

17012501.jpg

 植物や虫たちが人間に似ているのか。あるいはその逆なのか。わからないが、植物や虫の性質を高度に発達させたのが人類だという考えは不遜だ。 植物や虫たちがそれおぞれの生き方を選択したというだけで、対等だ。下等とか高等のちがいはない。畑にいるとそういうことに気づかされる。

 マジで今は植物や虫たちとの付き合いの方が得られるものが多い気がしてしょうがない。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック