あと30年後

 故郷に戻ったバイク仲間が遊びに来たので、代表たちも花門に集合した。

17012001.jpg

 遊びに来てくれたバイク仲間の故郷は鹿児島。戻るときにもここで送別会をしたが、それから3年経った。早いよねぇ月日が過ぎるのは。バイク仲間のひとりが自分家の庭でとれた立派な甘夏をみんなに3個ずつ持ってきてくれたんだが、この甘夏の木は樹齢が30年以上らしい。

17012002.jpg

 子どもさんをお腹に宿したときに酸っぱいものが食べたくなって、甘夏を食べて庭にぷっと吹いた種のうちのひとつが芽を出し大きくなり毎年たくさん収穫できるようになったということだった。偶然の気まぐれで物語が始まって30年が過ぎる。ひょんなことで出会って、時々情報交換するようになった代表たち。30年後はどうなっているんだろう。また集まって飲んでいるんだろうか。

 そのとき代表は90過ぎ(生きていれば)。いちばん若くて75。マンスールさんは80くらい?

17012003.jpg

 きっとあっという間だろう。甘夏ほどの果実を残せていたら良い人生というものだね。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック