わかり合えない方がいい?

 人参の芽がしぼんでいた。何事が起きたのかな?と、手で軽く触れたらポトンと落ちてしまった。やられた。虫だ。

16113001.jpg

 そういうときにはたいてい近くに潜んでいるものなので、周辺を捜索したところ、こいつが見つかった。

16113002.jpg

 即死罪。

 この前川越でも雪が降ったし、その後冷えて霜柱が立つくらいだったんだが、まだこんなのが活動しているんだよねー。虫たちも必死だよ。白菜、ネギ、ワケギ、みんな食われる。

 代表は野菜作りをする中で、もし植物や昆虫の言葉が理解できるようになったら、どんなにかやりやすくなるだろうと考えたことがあったが、今ではそうでない方がいいと思うようになった。

 もしそうなったとしたなら、人間関係と同じで、畑も騙し合いとか言い訳ばっかりの世界になってしまうにちがいないからだ。たとえばこの虫だってしゃべれたら「助けてください。もう二度としませんから。」とかきっというだろう。けれども、代表はこれまでそういう人間を見逃してきたが、約束が守られたためしがなかった。何度もえらい目にあった。もしかしたら虫の方が人間よりも道徳的なのかもしれなくてきちんと約束を守るのかもしれないが、その保証はない。わかりあえない方がお互いのためなんだと思う。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック