畑は作物をつくる場所

 団地の役員の仕事が先週で終わった。ほっとした。それっきりにしたいと思っていたが、行きがかり上、役員の立場で参加していた植栽ボランティアの活動はつづけることになった。これからも休みの日の何日かは剪定とか施肥の作業がつづく。

  植栽ボランティアの何人かは畑仲間だ。代表が畑仕事そっちのけで、観察してばっかりなもんだから、いつも植栽ボランティアに「また見てんの?!」とひやかされている。ぼっーとしているようにしか見えないんだろうねぇ。実際、ぼーっと眺めているだけなんだが・・・。今は虫や鳥や獣対策を模索中。心配がある以上、解決策がないまま進むのは不安だものね。

 虫や鳥や獣対策としては、追っ払うか、農薬を使うか、失敗する分までたくさん植えてそこそこ収穫する、などのやり方があるが、忙しいのでつきっきりで畑にいられないし、農薬はあまり使いたくないし、せっかく育てた作物を枯らしたり横取りされるのも納得がいかない。やっぱり、畑作をやる以上、すべての種を落ちこぼれなく育て上げたいと思うし、作物たちには健康的に太陽の下で目一杯生を謳歌してもらって、それから収穫させてもらって、種を次世代につなげていきたい。現実的にはむずかしいとしても、そういう気持ちは持ち続けて、そのための努力はしていきたい。

 というわけで、現在観察しているのはネキリムシ。農業をやっている人でこいつらに幼苗を食われて絶望感を味わされたことがない人はまずいないだろうと思う。これからというときに手当たりしだい食い付くにくらしい害虫だ。

【写真:ネキリムシと食われたはつかダイコン】
16053003.jpg

 なんでもとりあえず情報収集から入る代表。ネット上で大学や農業試験場などの研究機関の論文を調べてみた。が、ネキリムシの弱点や駆除法について断定したものはなかった。まだほとんど生態がわかっていないということらしい。何千年もの農業の歴史があるのに、ずーっと被害を受けつづけて、いまだに甘んじているというのは、技術屋の代表には理解しがたい。どこがそんなにむずかしいの?と歯がゆい思いで観察しているのであった。

 種のときは食われない。芽が出てからやられる。芽がどのあたりになったら食いついてくるのか?成長が早いはつかダイコンで実験してみることにした。
 はつかダイコンを植え、芽が出るまで待つ。まだ対策のポイントが絞りきれていないので、まず種をそのままの植えたのと、土をふるいにかけて粒径を小さく揃え、また、ベッドの厚さ埋める深さも均一にした場所とを比較してみた。

16053001.jpg
 
 きれいに生え揃った。たまたまだが、この実験は種を植えるときの参考にもなった。発芽率には土の状態によって大きな差があることがわかった。そのまま植えた場合の発芽率は約70パーセント程度だったのに、条件を均一にした場合は100パーセント。やっぱり農業をやるからには土を良くしないとだめだってことが再認識できた。

 芽が出るとネキリムシはすぐに寄ってきた。どっちも同じように食われてしまうだろうと推測していたんだが、どういうわけか、明らかに粒径を小さくした方の被害が大きかった。わずか4、5日の間にこんなに食われてしまった。

16053002.jpg

 なんでか?最初はわからなかったが、どうも均した土の方が移動しやすいからみたいだ。ネキリムシの大きさと運動能力では、硬い土に潜ったり出たり登ったり降りたりしながら移動するのは相当ハードのようだ。例えるなら凸凹の畑は山脈で粒径の小さい平らな地面は舗装道路みたいな感じなのかね。

 すぐ近くでは、何本か植えたトマトの苗のうち、そのまま苗の根元を手で均しておいたものはネキリムシに食われてしまっていた。

16053005.jpg

 カヤを短く切って根元を直径30センチメートルくらい囲んだのは無事だった。

16053004.jpg

 周りの人たちの、雨が弾いた泥による病気防止の目的で藁を敷くのを見て代表も真似したが、藁が風で飛んでしまったので、困った代表は藁より重いカヤを利用しただけだったんだが、それがネキリムシからトマトを守ったということだったみたいである。

 だとしたならば、きっちり手入れされた畑の方がネキリムシの被害を受けやすい、という仮説が成り立つね。逆に、荒れた畑はネキリムシの被害を受けにくい。。。手入れされた畑であっても、苗の根元をカヤなどで囲っておけばネキリムシが近付きにくい。。。?被害を防げる?夜盗虫という、やはり幼苗を食ってしまうのがいるが、あれも同じだろうか。。。????

 畑を整備すればするほどネキリムシ被害を受けやすくなるとなれば痛し痒しだが、実際どうなんだろうか。。。ポイントはこの辺にありそうだねー。

 早速、次の実験開始。ネットにも実施例が紹介されているが、ペットボトルを利用したネキリムシ除けを作ってトウガラシやナスの苗の根の部分を囲ってみた。

16053006.jpg

 果たして効果は?かえって別の問題が出たりしないんだろうか?
ただいま観察中につき、結果が出るまでしばらくの間お待ちください。(^o^)/
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック