タイヤ扁減りの原因判明

 代表の愛車S2000のタイヤを交換したとき、タイヤ屋さんから「タイヤが変な減り方をしていますよ」と指摘された。タイヤ、というかホイールは、真っ直ぐに付いているわけではなくて、前すぼまりとか上すぼまりになっているので、均等に減るわけではないんだが、代表の前のタイヤは凸凹に減っていた。何度か道路からはみ出したことがあったので、そのときにアライメントがずれたのかもしれないと思い、浦和にあるS2000の専門ガレージでチェックしてもらった。

16052803.jpg

 キャスター、キャンバー、トーイン角は、初期設定値に対して30′程度、キングピン角度は2°も変化していた。どうりで畑の手前の直角カーブのブレーキングでハンドルを取られたわけだ。

 2時間かけて完璧に調整してもらったら、その違いは走り出した瞬間、最初のひと転がりでわかった。やっぱりこういうクルマの整備はディーラーレベルではダメだということが改めてわかった。修理待ちのS2000のナンバーは「青森」とか「名古屋」だったが、そういうことだろう。シビアなセッティングができてはじめてクルマの魅力が出る。軽く、しかも路面に吸い付くようなハンドリングが甦った代表のS2000。これで安心して畑に行けるようになった。

16052804.jpg
スポンサーサイト

コメント

アライメント調整したんですね
ご無沙汰してます。久々にブログ見ました。Eagle Shop Urawaは仕事は丁寧だし、料金も良心的。(ちょっとした補修作業(ストレーキのビス脱落とか)だと部品代しか請求されなかったです)むやみやたらにパーツを勧めてきたりもない。そしてS2000のノウハウはいっぱい持ってるので信用できますよ‼︎
No title
久しぶり。情報ありがとう。とりあえずノーマルにしてもらいました。10′違うとわかるね。バッチリです。料金は基本料より安くて二度びっくりですよ。もうしばらく乗って、ガタがきたら全OHしてもらおうかな。

管理者のみに表示

トラックバック