代表の贅沢

 休みの日の昼飯は近所の大学の野球の練習を見ながら食べることが多い。パンをかじったりコンビニおにぎりだったり。

16041101.jpg

 観客はいつも代表とひとりかふたり程度でほとんど貸し切り状態。選手を叱咤する監督の言葉がしみる。なぜこんなにも厳しく激しくしつこく指導できるのかと思う。飯は質素だが最高に贅沢な時間だ。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック