マメに働く

 このところ畑の話題ばっかりになってしまっている。今が春の種まきのシーズンで、今年始めたものだから全部の準備作業がいっぺんに到来した状態のため、かかる手間とそれによる疲労度の割合が圧倒的に大きくて、頭の中が畑のことばっかりになっているからしょうがないが、早く挽回していろんなことがまんべんなくできるようにしたい。昨日も今日もやれることは団地の仕事と畑だけだし、どこかで切り替えないとこのままずるずると行ってしまいそうなので、畑は今月中に目処をつけられるようしようとファミレスの冷めたコーヒーをすすりながら今朝決めた。

16031300.jpg

 しかし思いだけで片付くなら苦労はいらない。物理的に無理なものは無理だ。何かをやろうと思えば他の何かを犠牲にしないといけない。何をやり、何を犠牲にするか。とりあえずエンドウマメとダイコンとキャベツを植えないことには・・・。
 というわけで、午後からマメを植えた。

16031301.jpg

 植えたら今度はツルが巻きつく支柱を立てないといけない。やっぱりいつまでやっても終わらないではないか。これではまるで野菜の奴隷じゃないか。

 本日はわけぎをいただいた。

16031302.jpg

 その後ろに見える木は柿の木だが、植えた方はもう亡くなっているそうだ。小さいが美味しい柿が実るということだが。ながい人はここでもう30年も畑をやっている。

 次はダイコンの種を蒔く。その次キャベツだ。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック