川内村レポート その1

 川内村でやらなければならなかったことのひとつは、親父が乗り出した軽自動車ホンダライフの名義を代表から親父に変更すること。代表の名義のままでも税金の請求が代表に届くくらいで支障はないのだが、それだと川越に納めることになる。親父が川内村で乗る以上は川内村に納税すべきだろう。それから、親父が早く自分の名義にしたいと言って代表を急かした。代表名義のままではいつまでも「自分のクルマ」という実感がしないからだろうと思う。

 予定では年末にやってしまうつもりだったが、代表が休みに入った12月最後の週の平日で役所が開いているのが28日だけで、しかも仕事納めで弊店休業状態だとわかったため、急遽年が明けてからに変更したのだった。

 1月4日。仕事始めの日の朝。まず代表と親父は川内村役場に行き、親父の住民票を発行してもらい、廃車した軽バンの税金の請求が来ないよう手続きをした。

 その足で湯本の軽自動車登録・検査協会に向かった。常磐道を使って約1時間。湯本の中部工業団地にある軽自動車登録・検査協会に到着。ガラガラに空いていて順番待ちも無く、35円で書類を買って記入し申請したらすぐにいわきナンバーを発行してもらえた。

 嬉しそうに新しいナンバーを装着する親父。

16010801.jpg

 代表もひとつ肩の荷が降りた。

 帰り道も常磐道。親父には寿司でも食ってもらおうと思っていたのだが、珍しく他のものにしたいということだったので、四倉SAに寄って昼食をとることにした。親父はカツ丼を選んだ。代表もカツ丼にした。

16010802.jpg

 ここは同じ料金でご飯大盛りにしてくれるんだが、標準のままでも盛りが良くて、代表でも充分満腹になる。親父は「オレには多いなー」と言いながらペロッと平らげた。たいしたもんだ。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック