Windows8.1強制アップデート

 今、神宮球場で東都大学野球秋季入替戦が行われているんだが、1部と2部の入替戦の駒澤大対東洋大の2回戦は、4-8で東洋大が勝って、一勝一敗のタイに持ち込んだみたいだね。これで決着は9日の3回戦に持ち込まれた。代表はもちろん東洋大を応援だ。

 下の写真は1回戦の日、7日の東洋大の練習風景。

15110801.jpg

 2部リーグ戦の優勝は最後の最後までもつれて、結局10月19日の東洋大対拓殖大3回戦で東洋大が勝って決めた。あれから18日。徹底的に打撃練習してこの日を迎えたが、予想通り東洋の原投手と駒澤の今永投手エース同士の投げ合いになり、駒澤大が8回表にスクイズで入れた1点だけで勝ちを持って行かれた。東洋大打線は140km超左腕の今永投手を打てなかった。エースが頑張って打線が打てないという今年の東洋を象徴する負け方で、代表の胸に「またか」と不安がよぎったが、2回戦は今永投手が登板しなかったらしく打棒に火が着いたみたいだ。

 3回戦はまた原投手と今永投手の投げ合いになると思うんだが、今永投手が2回戦に登板しなかったということは、もしかしたらまた故障したのかもしれない。そうだとしたら東洋大が有利だが。3回戦に賭けた駒澤大のフェイントかもしれない。気がかりだ。

 ところで、代表のパソコンがまたおかしくなってしまった。というか、回避したはずのWindows8.1の強制アップデートがまたもや出現するようになった。新たな更新プログラムが潜入したみたいなんだが、それらしいプログラムを削除しても現れてしまう。その度に強制シャットダウンしないといけないので、作業にならない。

 なので、もうしばらく更新が不安定かも・・・。こっちも気がかりだ。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック