手紙

 手紙というと思い出すのは♪死んでもあなたと 暮らしていたいと 今日までつとめた このわたしだけど♪という、由紀さおりが歌った『手紙』という歌。

 他には吉田拓郎の歌♪拝啓 僕はとっても残念でした あの日君が ホワイト・ジーンでなかった事が♪.なんて歌詞の『加川良の手紙』とか、井上陽水の『心もよう』♪さみしさのつれづれに 手紙をしたためています あなたに 黒いインクがきれいでしょう 青いびんせんが悲しいでしょう♪とかが思い出されるが、いずれにしても歌になるのは悲しかったり寂しかったりの情景だ。

 代表も手紙を書く事になって、ここ一週間ずーっと便箋とにらめっこしている。

15110601.jpg

 もちろん恋文とかではなく、悲しいという程ではないが楽しいことでもない。早くケリをつけてすっきりした気持ちでうまい酒を飲みたい。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック