ヤクルトはシブイ

 代表はもう40年以上、毎朝一本ヤクルトを飲んでいる。だから、ケガをすると血液の代わりにヤクルトが出てくるくらいなんだが、いつもは甘酸っぱいヤクルトが今日は渋かった。ドラフト会議のヤクルトだ。

 阪神との抽選で明治大学の野手高山俊(4年=日大三)の交渉権に破れたヤクルトは、隠れ一巡で東洋大学の投手原樹里(4年=東洋大姫路)を指名した。どこからか二巡目か三巡目には指名されるだろうとは思っていたが、まさか一巡目に、しかもヤクルトが指名するとはねぇ。スポーツジャーナリストでもこの結果を予想した人はいなかっただろうと思うよ。

 写真手前の背番号1が原樹里投手。こんなんじゃわかんないよね(笑)

15102202.jpg

 原選手は東洋大学のエースでキャプテン。東都2部リーグで防御率1位の好投手だが、東都2部でだからねぇ。もっと派手な活躍をしている投手はたくさんいたのに、その中で、原選手に注目していたヤクルトはよく見ていた。シブイというわけ。

 詳しくはまた改めて。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック