Takeさん逝く

 今日、久しぶりに出社した。職場にまだ席があったので安心したが、うれしくない変化点がいくつかあった。

 その内のひとつ。ちょうど代表が義父の遺品片付けをやっていた頃、Takeさんが亡くなっていたと知った。Takeさんと言えばバイク業界では有名だからご存知の方も多いと思うけど、代表にとっては3つ年上の、同じ福島の浜通り出身の職場の先輩で、かつて川内村で行われていたバイクエンデューロの仕掛人だった人だ。病気だったらしい。まさかあのおっかないタフなTakeさんが・・・と、みんな信じられないという面持ちだった。

15100701.jpg

 代表は、バイクエンデューロの運営方針を巡って喧嘩別れしたままだった。亡くなったからといって許そうとか仲直りしようなんて思わない。Takeさんだって同じ気持ちだろう。お互い意地っ張りだから。代表は、二人で夢を追っていたときのTakeさんには「ありがとう」を、自分に甘いときのTakeさんには「ばかやろう」と言っておきたい。 安らかに眠ってください。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック