本日のバイオリズム

 なんとなくだるいなーという時。もしかして・・・と思ってバイオリズムを見てみると、たいていカーブが下降している。 本日の代表のバイオリズム(矢印↓部)は、身体と感情が最低ラインで、知性が降下し始めという絶不調のパターン。ホントによく当たってます。

15082401.jpg

 ウィキペディアによると、バイオリズムというのは、「生命」を意味する Bio-(バイオ)と「規則的な運動」を意味する Rhythm(リズム)の合成語で、生命体の生理状態、感情、知性などは周期的パターンに沿って変化するという仮説、およびそれを図示したグラフのことなんだそうである。

 ドイツの外科医ウィルヘルム・フリースが、1897年に「生物学から見た鼻と女性性器の関係」(←どういうことなのか気になるね)の中で提唱した概念らしいが、統計学的に有意性が見られなくて、一応疑似科学の類とみなされているらしい。

 具体的には、人間には身体、感情、知性の3種類の波を持ち、その形は誕生日を基準とする同じ振幅の正弦波で、身体リズムは23日、感情リズムは28日、知性リズムは33日の周期だという前提で、これらのリズムから現在の自分の身体や精神の状態を把握するばかりか、過去や未来の状態もわかるとされる。

 その時の波形の傾きと高さとで、高調期とか低調期など位置づけられ、高調期と低調期の頂点から切り替りときに体調が変動しやすく要注意日とされる。

 なお、数学的には、23と28と33の最小公倍数は21252となるため、バイオリズムが完全に一巡するには58.2年かかることになる。代表は60歳だからつい最近一巡したばかりで、次に身体感情知性の波がぴったり重なるのは116.4歳の時だ。待ち遠しいが、その時が迎えられるかどうかは怪しい。

 心身の周期なので、何かで無理に動かすなんてのはできない。じたばたするとかえってろくなことがないのは何度も経験している。せめてうまいものでも食って、体力の回復につとめようと思って帰り道を急いでいたところ、東洋大学の野球部が練習しているのが目に入った。またパンとコーヒーを買って夕飯にして、コーチのがなり声を聞きながら眺めていると、すぐにやる気が出てきた。

15082402.jpg

 バイオリズムが最下点を脱したこともあるのかもしれないが、どっちかっていうと気持ちの問題なんだね。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック