FC2ブログ

ラーメン店 モッコリ豚

代表の好物だったラーメン店のよし丸が閉店になってからすっかりさびしくなってしまった。あのおいしいストレート太麺をあごに力をいれて噛む感触の快感が得られるラーメンはそうはない。ラーメン店はたくさんあるが、そのレベル差は大きく、食べたあとの空しさをおもうと足は遠のく。
そんな中で、代表がまだ評価できない店が一軒ある。豚骨味噌味一種類だけで勝負している朝霞市の「もっこり豚」だ。

10110401.jpg
麺は平麺だが極太のちぢれ麺である。粉っぽさがのこるくらい固茹でで、噛み応えはよし丸よりもあるが、ねばっこさと弾力は少ない。スープは味噌味が濃くて脂はよし丸よりきつくない。トッピングは野菜(もやし)とチャーシューと煮卵のみ。驚くのはその量である。

10110402.jpg

一杯の値段は700円。麺の量が200g、300g、400gから選べる。(よし丸は普通が300g、大盛が150円増しで600gだった)。さらに、野菜、にんにく、からみ、あぶらのトッピングが追加できる。フルに大盛にすると器から山のように盛り上がる。それでも値段はおなじ700円なのだ。さらに煮卵が50円、子豚と呼ばれるチャーシュー大盛トッピングでさえたったの150円。店には食欲旺盛な若い人たちが列をつくり、大盛を平らげていく。

代表の場合もやしと麺は触感が合わないから混ざり合ったのは好きではない。なのでいっしょだとしても別々に食べられることが第一条件。熱いラーメンに冷たいものも合わない。水を切ったばかりのワカメとか、冷蔵庫から出したばかりのコーンとかはいっていたらもうそれだけでうんざりだ。さすがによし丸は、チャーシューと煮卵とメンマと海苔。海苔はスープに溶けない上質なもので、基本だけきっちりと押さえたラーメンだった。ああ、よし丸のラーメンが頭から離れない(笑)。

さて、もっこり豚はどうだろう?標準の200gでお腹いーっぱいになった。
その味は?またの機会に。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック